講談社青い鳥文庫<br> 『ミステリーの館』へ、ようこそ―名探偵夢水清志郎事件ノート

個数:
電子版価格 ¥594
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社青い鳥文庫
『ミステリーの館』へ、ようこそ―名探偵夢水清志郎事件ノート

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2017年12月12日 00時44分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B40判/ページ数 292p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784061485976
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8293

内容説明

引退した老マジシャン、グレート天野のつくった『ミステリーの館』。そこに招待された人々を待っていたのは、幻夢王と名乗る謎の人物からの脅迫状だった。そして翌日、第一の予告状にあった「消失マジック」のことばどおり、老夫人が部屋から消えた…。密室トリックの謎にいどむ夢水(迷)探偵の推理が、またまた読者をあっといわせる。名探偵夢水清志郎事件ノート第10作!小学上級から。

出版社内容情報

お待たせ! 夢水名探偵ひさびさの大活躍。テーマパーク《ミステリーの館》へ取材に行き、ほんとうの《ミステリーの館》の鍵が入っているという箱をもらった教授。でも、鍵らしきものは見あたらない……。   小学上級から