講談社青い鳥文庫
アガサ=クリスティ短編傑作集〈3〉マースドン荘の悲劇ほか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 213p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784061485945
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8297

内容説明

マースドン荘のあるじモールトレイバーズ氏が、農園のはずれで、死んでいた。横にはカラス撃ち用の小さなライフル銃が…。しかし、遺体には口のまわりに、すこし血がついているだけで、銃で撃たれたあとはない。検死した医師も、胃潰瘍による内出血だという。ポアロとヘイスティングズ大尉は、とつぜん夫に死なれた、若く美しい夫人に、ふかい同情をしめした。

著者紹介

クリスティ,アガサ[クリスティ,アガサ]
1890年、イングランドのデボン州にある保養地トーキーで生まれる。多感な少女時代にコナン=ドイルの推理小説のファンになる。ドイルの影響を受けて、やがて20世紀を代表するミステリー作家になる。66の長編と150本近くの短編をのこし、1976年、85歳で死去

花上かつみ[ハナウエカツミ]
1953年、東京都に生まれる。1976年慶応義塾大学文学部卒業。翻訳学校でメグレ警視シリーズの翻訳で知られる長島良三氏に師事し、1986年から、翻訳の仕事を開始する。自身も小学生の頃からミステリー小説のファン

出版社内容情報

人間心理の揺れや愚かさを描く犯罪の正体。表題作のほかに「イタリア貴族殺害事件」「潜水艦の設計図」「謎めいた遺言書」「安すぎるマンションの謎」「〈西方の星〉盗難事件」「スズメバチの巣」を収録。   小学上級から