講談社青い鳥文庫<br> 紫屋敷の呪い―写楽ホーム凸凹探偵団〈2〉

講談社青い鳥文庫
紫屋敷の呪い―写楽ホーム凸凹探偵団〈2〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 278p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784061485747
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8293

内容説明

写楽ホーム凸凹探偵団に捜査の依頼が舞い込んだ!なんと県下有数の企業グループ、有馬産業の会長に届いた脅迫状を調べてほしいというのだ。差出人は、30年前の放火事件で死んだはずの男…。つぎからつぎへと事件が連鎖して、息もつかせないスリル&ミステリー。小学上級から。

著者紹介

那須正幹[ナスマサモト]
1942年広島県に生まれる。島根農科大学林学科卒業。児童書界きってのベストセラー作家。「ズッコケ三人組」シリーズ(ポプラ社)は、40巻を超え現在も続くロングシリーズとなっている。また2000年には、『ズッコケ三人組のバック・トゥ・ザ・フューチャー』で第38回野間児童文芸賞を、「ズッコケ三人組」シリーズで第23回巌谷小波文芸賞を受賞

関修一[セキシュウイチ]
1946年東京都生まれ。アニメデザイナー。日本デザインスクールグラフィックデザイン科で学んだ後、アニメ製作に携わる。テレビシリーズ「カムイ外伝」で初めてキャラクターデザインを担当。以後多数のアニメーションのキャラクターデザインに携わる

出版社内容情報

元刑事と元泥棒&小学生3人組が謎に挑戦!写楽ホーム凸凹探偵団に、捜査の依頼が舞いこんだ! 有馬産業の会長宅に届いた脅迫状を調べてほしいというのだ。最初は単純なイヤガラセに見えたのだが……    小学上級から