講談社青い鳥文庫<br> ホームズ少年探偵団

講談社青い鳥文庫
ホームズ少年探偵団

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 251p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784061484740
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8297

内容説明

19世紀のイギリス。コーンワル半島の小さな村から、ロンドンに出てきたアンドリュー少年。いっしょに来た家庭教師のデニスン先生は、行方不明に…。スクリーマー(わめきや)とあだ名がついている少女セーラ、その兄のサム。第二のシャーロック=ホームズをめざす少年探偵団は、怪事件に立ち向かう!小学上級から。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぽま

3
誘拐事件や放火事件、爆破事件など、複数の事件が折り重なっているため、児童書ミステリにしてはやや構成が複雑な印象。イレギュラーズものパスティーシュで定番キャラクターのウィギンズは、この本ではメインで活躍するというわけではなく、端役的なポジション。その代わりに彼の妹が主人公・アンドリューと行動を共にする。アンドリュー側の視点と、ホームズ側の視点が交互に展開し、やがて事件の結末へと収束していく。カタログ本によると、この巻より後はホームズは登場しなくなるとのことなので、以降のシリーズを読むかどうかは未定。2012/09/24

くるくる

0
面白かったー 初刷1981年と古いので、翻訳とか読みにくいかなーと思ったのですが、自分が思うホームズの雰囲気が出ていて面白かったです。ホームズもそれらしくて。この間読んだパスティーシュは、原作に対して自分が持っているイメージと違ったせいで、よけいにこれがしっくりきてうれしいのかもですが。続きも読みたいです2013/02/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/248954

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。