新・講談社の絵本
四十七士

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 1冊(ペ/高さ 26cm
  • 商品コード 9784061482685
  • NDC分類 E
  • Cコード C8393

出版社内容情報

21世紀に残したい名作絵本シリーズ第3期江戸城松の廊下での刃傷事件で、主君淺野内匠頭を失った大石良雄をはじめとする赤穂浪士四十七士。にっくき吉良を討たんと、彼らの苦闘がはじまります。   幼児から

内容説明

十二月十四日の夜は、江戸ではめずらしいほどの雪になりました。志をたもった赤穂浪士四十七人は、吉良の屋敷ちかくのそば屋にあつまりました。「いよいよ、殿のうらみをはらせる。」そろいの身じたくをしながら、みんなのむねはたかなっていきます。

著者等紹介

神保朋世[ジンボトモヨ]
1902年、東京生まれ。鰭崎英朋・伊東深水などに師事。野村胡堂「銭形平次捕物控」など、大正末から昭和にかけて雑誌の挿絵などで活躍する。1994年没
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

どあら

18
図書館で借りて読了。吉良家の家臣(剣の達人)の名前も出てきていましたね。(^^)2019/10/23

遠い日

6
新・講談社の絵本シリーズ18。まえがきは山藤章二。画家は神保朋世。言わずと知れた赤穂浪士の物語。去年はどうだったか記憶にないけれど、毎年どこかのテレビ局で年末番組として放送されるので、なんとなく内容を知る方も多いのではないか。吉良憎し、はわかるのだが、心にピンとかグサッとかくるテーマではないかもしれません。2021/01/31

ヒラP@ehon.gohon

2
絵が時代がかっているだけではなく、仇討ちとか義士とかいった観念は、忠臣蔵を受け入れられる世代のための懐古的絵本だと思います。 歴史事実として考えられるのでなければ、ちょっと怖い絵本で す。 忠臣蔵を知っている私にも、この絵本を読んで武士たちの理屈 を美徳としては感じられませんでした。 ただ、高齢者福祉施設にはあっても良いかも。2015/03/25

Moonlily

0
懐かしい絵が幼い日の郷愁を呼ぶ。文章はほんのあらすじだけ書かれているが、ここから派生するすべての文学を追っていくと楽しいかもしれない。リタイア後の楽しみにとっておこう。2021/10/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/133521

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。