新・講談社の絵本
曽我兄弟

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 1冊(ペ/高さ 26cm
  • 商品コード 9784061482661
  • NDC分類 E
  • Cコード C8393

出版社内容情報

昔なつかしい『講談社の絵本』がよみがえる幼いころに父を殺された、一万、箱王の兄弟。母との別れ、命の危機……。つらい生活を送りながらも、父への復讐を誓う二人の生涯を描く、日本三大仇討ちの名作。   幼児から

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

遠い日

7
新・講談社の絵本シリーズ16。まえがきは福永令三、画家は布施長春。仇討ちの文化は今ではもう時代錯誤的なものという見方の一方で、親を思う子の一途な気持ちにほだされるという鑑賞の定型としてはまだ日本人好みなのかもしれません。いろいろと派生的な知識がなければ十分に楽しむことができないようにも見受けられるが、絵の美しさには惚れ惚れ。曽我兄弟にとってはやはり仇は打たねばならぬものだったと思わせる感情が迸ったものです。2021/01/31

ヒラP@ehon.gohon

4
歴史をたどるのは、決して悪いことではないけれど、父親の敵討ちに短い命を貫き通した兄弟の志を、美学として受け入れることには強い抵抗感があります。 むしろ、この錦絵のような絵本がかつて多いに読まれていたことに対する、歴史背景を思いやりました。 曾我兄弟が、英雄だった時代があるのです。 それを理解出来る人たちの絵本だと思います。 絵が、凛々しく美しいだけに、そう感じました。 2014/07/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/339881

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。