新・講談社の絵本
牛若丸

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 1冊(ペ/高さ 26cm
  • 商品コード 9784061482616
  • NDC分類 E
  • Cコード C8393

出版社内容情報

昔なつかしい『講談社の絵本』がよみがえる源氏の大将源義朝の子、牛若丸は、鞍馬山にあずけられていましたが、剣の修行を重ね、やがて、兄頼朝とともに、平家を倒すために立ち上がるのでした。   幼児から

著者等紹介

近藤紫雲[コンドウシウン]
生没年未詳。大正末期に上梓された木版の美人画集『新浮世絵美人合』に参加。大正から昭和初期にかけて、雑誌の挿絵や絵本などを数多く手掛けた
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

クリママ

25
幼稚園のころ繰り返し繰り返し読んだ講談社の絵本。この本も持っている。大好きな絵本だ。他に好きだったのは、「うりこ姫」「長靴をはいた猫」「ふしぎの国のアリス」「みつばちマーヤ」「白鳥の湖」などなど。どの本も、絵が素晴らしい。「牛若丸」は、常磐御前が幼い今若、乙若、牛若をつれて、雪の中を落ちのびる場面から始まり、元服した義経が、鎌倉で挙兵した兄、頼朝と再会したところで終る。牛若丸にあこがれ、応援して読んだ。でも、その後の義経のことを知ってしまってからは、哀しさが先に立つ。2017/08/19

いろ

13
大正~昭和初期の絵で楽しむ昔話シリーズから「牛若丸」を。文部省唱歌「牛若丸」を聴き馴染んでいたので,歴史に特別は興味を示さない息子も,少しは関心を持てるかと借りてみる。思いの外大ヒット。何度も再読し「このシリーズ面白い。」と裏表紙に掲載されたシリーズ本から「曽我兄弟」「安寿姫と厨子王丸」も「読んでみたい。」 解説に歌の歌詞を見つけると,たどたどしく歌ってみたり。お話は頼朝から追放されてから31歳で生涯を閉じるまでの事には触れていない。あくまで英雄としての牛若丸~義経のお話。2017/08/31

ヒラP@ehon.gohon

12
源義経の幼少の頃から、平家を打ち破るまでの武勇伝が、錦絵のように描かれていて、平家側からすると小憎らしい絵本です。 史実の切り取り方や詳しさに、判官贔屓になってしまいそうですが、人生の後半部分をあえて出さない意図的な作りに、ちょっと怖さも感じました。2016/10/06

おはなし会 芽ぶっく 

7
鞍馬山の寺に預けられた牛若丸。父・源義朝の仇、平清盛を討ち入る日に備え修行に励みます。京の五条の橋で通る人の刀を奪っていた弁慶を懲らしめ、源九郎義経となる凛々しい姿も描かれています。 牛若丸の歌「京の五条の橋の上♪」を知らない人が多くて驚きました。 ※外出自粛中の中メンバーと、いつもは選書しない分野に挑戦しように取り組んでます。私が高齢者向けに選書してみました。2020/05/05

遠い日

6
新・講談社の絵本シリーズ11。「まえがき」は黒鉄ヒロシ氏。絵は、近藤紫雲氏。牛若丸の辿る数奇な運命を、早送りでまるで大河ドラマを観るように読むことができます。気品ある絵がお話に負けないところがいい。2020/12/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/365573

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。