• ポイントキャンペーン

新・講談社の絵本
花咲爺

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 1冊(ペ/高さ 26cm
  • 商品コード 9784061482562
  • NDC分類 E
  • Cコード C8393

出版社内容情報

新しく編集し直した『講談社の絵本』。  ここほれわんわん、しろが教えてくれた場所からは、ざっくざっくと宝物が……。おじいさんと忠義な飼い犬の美しい愛情が、枯れ木に花を咲かせる感動的なお話です   幼児から

著者等紹介

鰭崎英朋[ヒレザキエイホウ]
1881年、東京生まれ。右田年英、川端玉章に師事。美人画、相撲絵を得意とした。菊池寛『真珠夫人』の挿絵は有名。1968年没
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おはなし会 芽ぶっく 

13
昔懐かしい感じの花さかじいさんのおはなしは、他の絵本より高齢者向けかな?と思います。欲ばりじいさんの描写も控えめなので。 ※外出自粛中の中メンバーと、いつもは選書しない分野に挑戦しように取り組んでます。私が高齢者向けに選書してみました。2020/05/05

ヒラP@ehon.gohon

11
よく見知っている「花咲か爺さん」からすると、妙に渋さと重さを持ったお話です。 絵から受ける印象と相まって、ちょっと子ども向けではないように感じました。 教育的な思潮の中で抑えられた内容になっているのでしょうか。欲深じいさんの描写が控えめなのが印象的でした。2019/04/11

遠い日

6
新・講談社の絵本シリーズ6。「まえがき」は松谷みよ子さん。この「まえがき」が熱い。いかに自分が「講談社の絵本」の虜になり感化されたかと実に熱いことばで語る。本を開くたびにまずここが楽しみ。絵は、鰭崎英朋氏。しろとの馴初めから始まるのが珍しいように思う。全編、飼い犬だったしろへの温かな思いに貫かれ、そこからおじいさんの行動が為されているのがよくわかる。2020/12/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/657154

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。