講談社の創作絵本<br> さよなら ママがおばけになっちゃった!

個数:
電子版価格 ¥864
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社の創作絵本
さよなら ママがおばけになっちゃった!

  • のぶみ【作】
  • 価格 ¥1,296(本体¥1,200)
  • 講談社(2016/07発売)
  • クリスマス ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 24pt
  • ウェブストアに32冊在庫がございます。(2017年12月15日 17時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B5判/ページ数 1冊(ペ/高さ 24cm
  • 商品コード 9784061332942
  • NDC分類 E
  • Cコード C8771

内容説明

「ぼく、もうママにあえないとおもった。」「そうね。さっきからだはやいてはいになったから。」「そっか。ママはみえなかったけど、ずっとそばにいたんだ…。」はなれていても、ずっと見守っている―母が子へ、子が母へ託した「さよなら」のためのメッセージ。対象年齢:3歳から。

著者紹介

のぶみ[ノブミ]
1978年、東京都生まれ。160冊以上の絵本作品を発表。内閣府「子ども・子育て支援新制度」(すくすくジャパン!)シンボルマークを手がけるなど、幅広く活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

おばけになったママともお別れの時がきました。辛すぎる別れに向き合う、母子の姿。どんな思いを伝えますか?ベストセラー待望の続編『ママがおばけになっちゃった!』、待望の続編です。

きょうは ママの おそうしきです。

おばけになって、かんたろうのもとへ現れていたママですが、ほんとうにお別れの時がやってきました。

目に見えなくても、ママはかんたろうのそばにいる。
「ママが かんたろうの なかに いる こと、おもいだして ほしい。それ なら ママと あえなくても へいきでしょう?」
そう問いかけるママに、かんたろうは思わず叫びます。
「え! なんだよ! なんなんだよ! あえなくて へいきな わけ ないじゃん! ひどいよ、ママ!」

辛すぎる別れと、母子はどのように向き合うのでしょうか。

のぶみ[ノブミ]
1978年、東京都生まれ。絵本作家。「ぼく、仮面ライダーになる!」シリーズ(講談社)や、「しんかんくん」シリーズ(あかね書房)、『ダンスアース』(EXILE・USAとの共作/木楽舎)ほか160冊以上の絵本作品を発表。NHK「おかあさんといっしょ」で、「よわむしモンスターズ」を制作。NHK「みいつけた!」では「おててえほん」のアニメーションを担当するなど、幅広く活躍している。
東日本大震災でのボランティア活動をもとに書いたエッセイ・コミック『上を向いて歩こう!』(講談社)は、森川ジョージによるリメイク版が生まれるなど、話題を呼ぶ。福島応援キャラクター「あたまがふくしまちゃん」を制作。Twitter, Facebook, mixiを通じて、ファンとの交流も積極的に行っている。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件