• ポイントキャンペーン

講談社の創作絵本
うみのいろのバケツ (新装版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 21X22cm
  • 商品コード 9784061325500
  • NDC分類 E

内容説明

夏休み、海にやってきた少女。ひっくりかえしたバケツの中から、ある日、声が聞こえてきます。「わたしに、このバケツをかしてね。」海と同じ色のバケツは、ほんのりと光っていました―。いつまでも心に残る、夏のものがたり。永田萠描きおろしポストカードつき(初版限定)。

著者紹介

立原えりか[タチハラエリカ]
東京都に生まれる。1957年に自費出版した『人魚のくつ』で第8回日本児童文学者協会新人賞を、1961年に『でかでか人とちびちび人』で第2回講談社児童文学新人賞を受賞。童話創作の機関誌「ヒースランド」編集長。2013年第52回児童文化功労賞受賞

永田萠[ナガタモエ]
兵庫県に生まれる。1987年、エッセイ画集『花待月に』(偕成社)で、ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞を受賞。著作は140作以上に及ぶ。国内外で数多くの展覧会を精力的に開催している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

バケツの中で花嫁衣裳を編んでいた「なみのむすめ」。夏が終わる日、なみのわかものに嫁ぎ、バケツの中には貝がらが・・・・・・。

バケツを持って、お母さんと海に遊びにやってきた少女が出会った、「なみのむすめ」。なみのわかものと結婚するため、ひっくり返したバケツの中で、うみのあわのドレスを編んでいる、というのです。少女はバケツを貸してあげました。
 夏が終わる日、少女が浜辺に見に行くと、白いドレスの小さな女のひとがバケツのそばに立っていて、少女にお礼をいいました。すると、なみのわかものが、寄せてきて、なみのむすめを海に連れていきました。
 バケツの中には、貝がらがひとつ入っていました。少女はそれを、ずっと大切にもっていたのでした。

【著者紹介】
東京都に生まれる。1957年に「人魚のくつ」を自費出版。同作品で日本文学者協会新人賞を、1961年に「ゆりとでかでか人とちびちび人のものがたり」で講談社児童文学新人賞を受賞。東京生まれ、童話作家。
「木馬がのった白い船」、「まどろみの夢から夢へ」「うたってよ、わたしのために」「天女のあかり」「天人の橋」などのほか、翻訳作品など著書多数。童話創作の機関誌「ヒースランド」編集長。