講談社の創作絵本<br> きいのいえで

個数:
  • ポイントキャンペーン

講談社の創作絵本
きいのいえで

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月05日 01時32分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 27cm
  • 商品コード 9784061325463
  • NDC分類 E

内容説明

こっそりいなくなりたいから、にわからでていくって。どうしよう、ずーっといっしょだったのに。「ねぇ。おかしたべてからいったら?」ふたごの姉妹の、こころ温まるおはなし。第34回講談社絵本新人賞受賞作。

著者紹介

種村有希子[タネムラユキコ]
1983年、北海道釧路市生まれ。多摩美術大学美術学部絵画学科卒業。絵画やインスタレーションなど、さまざまな表現方法で作品を手がける。2011年、第4回グラフィック「1_WALL」ファナリスト入選、2012年、第34回講談社絵本新人賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

きいが家出をするって言い出した。きいと私は、双子の姉妹。「ねぇ、おかしたべてからいったら?」とにかく、ひきとめなくちゃ……。

「きい」と「私」は、ふたごの姉妹。ある日、お母さんに叱られたきいが家出をすると言い出した。ぬいぐるみや、お気に入りの物をどんどんリュックサックに詰めていく。どうしよう、本当にいなくなっちゃうの?
「ねえ、おかしたべてからいったら?」、「このえほん、まだよんでなかったね。」きいの家出を止めようと、行動にでる「私」。
 5歳くらいの女の子の、あたたかい家族の日常を描きます。やわらかいタッチと、登場人物たちのこまかな気持ちの変化をとらえた表現で、作品の世界に引き込まれるでしょう。第34回講談社絵本新人賞受賞作。

【著者紹介】
1983年、北海道釧路市生まれ、多摩美術大学美術学部絵画学科卒業。絵画やインスタレーションなど様々な表現方法で作品を手がける。2011年、第4回グラフィック「1_WALL」ファイナリスト入選。2012年、第34回講談社絵本新人賞受賞。