教育ジャーナル選書<br> あかはなそえじ先生のひとりじゃないよ―ぼくが院内学級の教師として学んだこと

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり

教育ジャーナル選書
あかはなそえじ先生のひとりじゃないよ―ぼくが院内学級の教師として学んだこと

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年08月04日 11時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 247p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784054062962
  • NDC分類 378.4
  • Cコード C3037

出版社内容情報

院内学級の教師として、子供の笑顔と治療に向かう気持ちを育んできた著者が、子供との接し方や教育の重要性を語る。

筆者が院内学級の教師として、赤鼻のピエロとして関わるなかで、笑顔を取り戻し、治療に向かう意欲を高めていく子供達。その経験を基に、子供との接し方や保護者・家族との関わり方、院内学級の必要性、(院内外に関わらず)教育の重要性などについて語る。

【著者紹介】
昭和大学大学院保健医療学研究科准教授。「さいかち学級(昭和大学病院内学級)」担当。東京都小学校教諭時代にさいかち学級担任を務め、2014年より現職。ホスピタルクラウン(病院のピエロ)としても活躍。

内容説明

家族と離れ、病気の不安に悩み、クラスメイトに忘れられてしまうことを何より怖れる、入院中の子どもたち。知ってほしい!病院の中にも「学校」を必要としている子どもたちがいることを!心に傷を抱えた子どもたちに笑顔と自尊感情を取り戻すために。

目次

第1章 院内学級の役割
第2章 院内学級の子どもたち
第3章 病気を抱える子どもたちとのかかわり
第4章 子どもたちから教わったこと
第5章 チームになる
第6章 教育だからできること
第7章 子どもたちの回復のために
第8章 ケアする側のケア―かかわる人を支える
終章 ひとりじゃないよ!―治療に向かうエネルギー

著者等紹介

副島賢和[ソエジママサカズ]
昭和大学大学院保健医療学研究科准教授さいかち学級担当。1966年、福岡県生まれ。都留文科大学卒業後、25年間都内公立小学校教諭。99年、都の派遣研修で、東京学芸大学大学院にて心理学を学ぶ。06年より品川区立清水台小学校教諭・昭和大学病院内さいかち学級担任。学校心理士スーパーバイザー。14年より現職。ホスピタルクラウンとしても活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。