学研新書
百ます計算の真実

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 209p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784054039674
  • NDC分類 370.4
  • Cコード C0237

内容説明

「経済格差=教育格差」、「子どもたちは史上最悪に荒れている」「日本の教育は改革が必要」など、教育の常識の8割は間違っている!子どもの学力低下に効果絶大と大ブームになった「百ます計算」の立役者が語る、学力低下問題の真実と本当に効果的な対策。

目次

1章 百ます計算の真実
2章 これでいいのだ、日本の教育
3章 教育の常識を疑え!
4章 今、家庭とは
5章 受験学力は生きる力
6章 基礎基本だけじゃ学力は伸びない!
7章 日本の教育はどこへいく?

著者等紹介

陰山英男[カゲヤマヒデオ]
立命館大学教育開発推進機構教授、立命館小学校副校長。1958年兵庫県生まれ。兵庫県公立小学校教諭、広島県公立小学校長を経て現職。教諭になった当初から「子どもに学力を保証することこそ教師の仕事」をモットーに、「早寝早起き・朝ごはん」や体力向上で子どもの生命力を、理科のおもしろ実験などで子どもの知的好奇心を高め、百ます計算、古文暗唱、漢字の前倒し指導、低学年のそろばんなど、さまざまな教材・教育手法を駆使して子どもの学力を伸ばしている。中央教育審議会教育課程部会委員。大阪府教育委員会委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。