歴史群像新書<br> 異 上杉軍記〈3〉長良川決戦

電子版価格 ¥822
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

歴史群像新書
異 上杉軍記〈3〉長良川決戦

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 230p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784054035843
  • NDC分類 913.6

内容説明

元亀三年秋、能登を制圧したのち、上杉謙信は加賀・松任城に入った。三度目の上洛戦に謙信は不退転の決意で臨んでいた。信長を討つまで帰国せぬ―この強固な謙信の意志で統率された上杉軍は、織田勢についた朝倉軍を撃砕。東では武田信玄が西上を開始。織田勢の東側を守る徳川軍を遠江・三方ケ原で一蹴し、三河・東美濃にも攻め込み、家康を恐怖に陥れた。上杉軍は江北に侵入し余呉湖・賎ケ岳で織田・浅井軍と対峙する。上杉軍の南下に呼応して将軍・足利義昭は御内書を乱発し挙兵するが、信長は朝廷を動かし謙信の動きを封じながら、畿内の諸勢力を再平定した。そして、いよいよ上杉軍と織田軍の直接対決の時が迫る!天下に轟き渡るのは、信長の野望か、謙信の大義か。その結末は。

著者紹介

工藤章興[クドウショウコウ]
1948年、愛媛県生まれ。早稲田大学第一文学部卒。新聞社・出版社勤務を経て執筆活動に入る。複数のペンネームを使い分け、さまざまなジャンルで健筆をふるっている。歴史分野では現地取材を第一とし、文献資料だけにとらわれない独自の視点で、従来の史観を見つめ直している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)