• ポイントキャンペーン

Gakken sports books
朝原宣治のだれでも足が速くなる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 127p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784054034358
  • NDC分類 782.3

内容説明

連続シャシンでイメージし、即実践できる。足が速いのは素質じゃない。

目次

かけっこは、素質じゃない
朝原宣治式かけっこの極意 スタートライン編「あのドキドキ感が足を速くする!」
かけっこの極意第1条 タイミングをつかめ!
かけっこの極意第2条 からだの力を抜く!
かけっこの極意第3条 ボールが弾むように走る!
かけっこの極意第4条 スタートでは、1歩1歩を踏みしめる!
かけっこの極意第5条 母指球で着地!
かけっこの極意第6条 からだを1本の軸にする!
かけっこの極意第7条 2本のライン上に足を着く!
かけっこの極意第8条 加速の走りでは足で地面をつかまえる!〔ほか〕

著者紹介

朝原宣治[アサハラノブハル]
1972年6月21日生まれ、兵庫県出身。夢野台高校(兵庫県)、同志社大学卒、大阪ガス勤務。中学生時代はハンドボール部に所属し、全国大会に出場。高校に進み、本格的に陸上競技をはじめる。高校3年時に、走幅跳でインターハイ優勝。1993年、国体の100m走を10秒19で走り優勝(当時の日本記録)。その後、1996年の10秒14、1998年に10秒08と3度日本記録を更新する。日本のトップスプリンターとして、3度のオリンピックを含め、国内外の大会で活躍を続ける。1996年アトランタ五輪では100m走で準決勝へ進出。2004年アテネ五輪では、4×100mリレー(4走)で見事4位入賞を果たす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)