歴史群像新書<br> 覇者の系譜〈2〉天下人・信長の誤算

電子版価格 ¥822
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

歴史群像新書
覇者の系譜〈2〉天下人・信長の誤算

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 223p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784054034143
  • NDC分類 913.6

内容説明

織田信長、浅井長政の連合軍は浅井家と友好関係にあった越前の朝倉義景を攻め、圧倒的強さで滅ぼした。信長の政略から越前一国を与えられた長政だが、頻発する一向一揆に悩まされる。一方、信長も畿内での石山本願寺勢に手を焼き、家康は迫り来る武田信玄の影に汲々としていた。ここに至って、長政は情勢を一気に好転させるため、連合軍で敵を各個撃破する三者同盟を信長に提案。それを諾とした信長は、すぐさま二万四千の連合軍を集結させ、京から摂津へと急襲し石山を包囲。取って返して越前の一揆勢を討つべく、加賀へ侵入。長政の調略もあり一揆を平定した連合軍は、当代最強の武田軍団にその鉾先を向けた。

著者紹介

伊藤浩士[イトウヒロシ]
1956年、名古屋市生まれ。歴史研究会「城友クラブ」を主宰。俳句同人誌「遊魚」編集人。伝統俳句協会会員。『雉』で、第11回歴史群像大賞佳作受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)