• ポイントキャンペーン

歴史群像新書
覆 関ヶ原〈4〉江戸城、大炎上!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 217p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784054032095
  • NDC分類 913.6

内容説明

第二次関ヶ原合戦で父・徳川家康を破った結城秀康は京に関白政権を樹立し、江戸・駿府の将軍政権と対峙する。その後、東西の両雄は小牧山、美濃平野で対決するが、真の覇王を決するには至らぬまま、現況は秀康軍が圧倒的な優勢にあった。崖っぷちに立たされた家康は、南蛮人の後ろ盾で援軍を招き入れ、最終決戦の態勢を整える。秀康は十八万の大軍をもって、二方面から関東平野に篭もる家康に迫るが、北関東の原野で発起した野戦で謎の重装甲騎馬軍団に無残な完敗を喫する。天下を二分した、父子の最後の戦いの結末は、いまや軍師・真田幸村の計略に委ねられた。

著者紹介

小泉俊一郎[コイズミシュンイチロウ]
1947年、福島県福島市生まれ。山形大学人文学部経済学科卒業後、出版社勤務を経てフリーとなり、出版、放送、広告・広報の分野で活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)