• ポイントキャンペーン

歴史群像新書
覆天 信玄戦記〈上〉甲斐の虎、復活

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 237p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784054031883
  • NDC分類 913.6

内容説明

「ありえない!」黒田官兵衛は、それを口に出す前に否定した。いまここに、あの騎馬軍団が現れることなど、絶対にありえないことなのだ。しかし、なぜか全身の震えが止らない。しくら理屈で否定しても、身体に刻み込まれた恐怖が、あの軍団の名を頭に浮かび上がらせた。そして、まもなく、その馬煙の中から、鬼より怖いと恐れられた騎馬軍団が姿を現す。その背に「丸に桔梗」「山道」「九曜」「十曜」「三つ石」の家紋が染め抜かれた旗指物を翻し、小細川と円明寺川に挟まれた原野へと駆け込んできた―。

著者紹介

宇佐美浩然[ウサミコウゼン]
学習塾、模型店、ガレージキットメーカーの経営を経て、1996年、『神秘の世界・エルハザード』のノベライズ、『エルハザード幻書伝・翠の書』で小説家デビュー。(桑原忍さんと共著)2001年、『王道三国志』で学研『第七回・歴史群像大賞』の佳作を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)