歴史群像新書<br> 覇 真田戦記〈4〉真田天下への道

電子版価格 ¥822
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

歴史群像新書
覇 真田戦記〈4〉真田天下への道

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 235p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784054031579
  • NDC分類 913.6

内容説明

上杉、前田と同盟を結び、徳川家康と密約を交わした真田昌幸は、富山城に佐々軍を追い詰め、恐るべき鬼謀でこれを打ち破った。その結果、真田は飛騨全域を手中にする。一方、家康は畿内をほぼ掌握し、羽柴秀吉は大坂城で孤立することになった。巨将・家康の次の標的となるのは、東国の最前線に立つ真田勢である。さらに、木曽谷の大奇襲で勝利を収め、美濃にも進出した真田勢に対し、家康はついに全軍を挙げての戦いを決意する。決戦の地は、岐阜の山岳地帯である。圧倒的な大軍を引き連れ、完璧な戦略を打ち立てた家康であったが、真田は岐阜の高根権現山と雨乞山に未曾有の罠を造って待ち受ける。果たして、天下分け目の決戦の行方は如何に。

著者紹介

神宮寺元[ジングウジハジメ]
1956年、東京生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。1996年、菅原道真の晩年に題材をとった『孤舟の夢』(講談社・歴史ピープル)で、作家デビューを果たし、王朝ホラー『疱瘡将軍』などの幻想的な歴史小説を発表する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)