歴史群像新書<br> 慶長疾風録〈2〉家康、東海の逆襲

電子版価格 ¥822
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

歴史群像新書
慶長疾風録〈2〉家康、東海の逆襲

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 214p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784054031333
  • NDC分類 913.6

内容説明

主将の能力、兵員の数、諸大名の支持など、あらゆる面で不利と見られ、大毛利の参加があってようやく互角と言われていた、前田利長を総大将とする石田三成、大谷吉継、宇喜田秀家ら西軍。しかし、毛利勢の参加がかなわなかったにもかかわらず、総勢八万余の西軍は稀代のかぶき者、前田慶次郎が次々に繰り出した奇策によって、関ヶ原、清須の戦いと、立て続けに勝利をおさめた。一方、岡崎城へ退却した東軍を率いる徳川家康は、今回の戦いが事実上の軍奉行・前田慶次郎の采配によって敗れたことを知り、西軍への反撃を再開するとともに、慶次郎暗殺を企て刺客を送る。慶次郎と家康の、知略を尽くした壮絶な戦いが幕を開けた。

著者紹介

伊藤浩士[イトウヒロシ]
1956年、名古屋市生まれ。歴史研究会「城友クラブ」を主宰。俳句同人誌「遊魚」編集人。伝統俳句協会会員。『雉』で、第11回歴史群像大賞佳作受賞。『慶長疾風録』がデビュー作である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)