看護過程学習ガイド―思考プロセスからのアプローチ

個数:

看護過程学習ガイド―思考プロセスからのアプローチ

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 232p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784051520700
  • NDC分類 492.9
  • Cコード C3047

内容説明

本書は、看護過程を学習するための教材として企画されたました。読者対象としては主に看護学生を意識してつくられていますが、看護診断が紹介され、臨床実践にとっても看護理論が重要であると認識されるようになってきた今日の看護現場を考えるとき、臨床ナースの継続教育・生涯学習のテキストとしても活用していただけるものと確信しております。

目次

第1章 看護過程の土台(看護過程がうまく展開できない理由―教育の現状と問題点について;看護過程 ほか)
第2章 問題解決技法としての看護過程(看護の枠組みと看護過程;アセスメント ほか)
第3章 事例を使っての看護過程の展開(事例紹介)
第4章 看護過程を活用する方法(知的側面「知的な技術」;人間関係の側面「人間関係の技術」 ほか)

出版社内容情報

    《目次》 書籍内容 第1章:看護過程の土台 第2章:方法としての看護過程 第3章:あらゆる健康レベルにおける事例展開 第4章:看護過程の活用方法