電撃文庫<br> 亜人の末姫皇女はいかにして王座を簒奪したか―星辰聖戦列伝

個数:
電子版価格
¥858
  • 電書あり

電撃文庫
亜人の末姫皇女はいかにして王座を簒奪したか―星辰聖戦列伝

  • ウェブストアに13冊在庫がございます。(2024年04月24日 11時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 456p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784049153866
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

 そこは「神別れの山脈」によって二分される大陸。東に人間が属するワウリ界、亜人が属するネクル界。長きにわたって断絶していた両者だったが、ある頃より“聖戦”を掲げた軍事侵攻によって衝突が繰り広げられる。そして多くの戦士たちが戦火の中で活躍し、非業の死を遂げていった。
 “聖戦”の初期戦端を切り開いた、竜騎兵バラド。最強の暗殺者として恐れられ、人間軍の侵攻を押しとどめた猫人ニャメ。歴史に残る一騎打ちで知られる人間軍の筆頭戦士ニモルドと、亜人軍の武者・犬人ニスリーン。歴史を揺るがした将軍、冒険家、発明家、大神官や、戦火に引き裂かれた恋人たち。そしてたった一人の反乱軍から皇帝にまで上り詰めた亜人の姫・イリミアーシェ。複雑に絡み合う運命の中で、やがて星座として祀り上げられる英雄たちの生と死とともに人間と亜人の歴史を描く、一大叙事詩。

内容説明

―英雄たちの生と死を、いま語ろう。そこは「神別れの山脈」によって二分される大陸。東に人間が属するワウリ界、西に亜人が属するネクル界。長きにわたって断絶していた両者だったが、ある頃より“聖戦”を掲げた軍事侵攻が繰り広げられる。そして多くの戦士たちが戦火の中で活躍し、非業の死を遂げていった。“聖戦”の初期戦端を切り開いた、竜騎兵バラド。最強の暗殺者として人間に恐れられた猫人ニャメ。人間軍の筆頭戦士ニモルドと、亜人軍の武者・犬人ニスリーンによる一騎打ち。将軍、冒険家、発明家、大神官たちや、戦火に引き裂かれた恋人。そしてたった一人の反乱軍から皇帝にまで上り詰めた亜人の姫・イリミアーシェ。複雑に絡み合う聖戦の運命と、英雄たちの生と死を描一大叙事詩。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

31
神別れの山脈によって二分される人間が属する東のワウリ界と、亜人が属する西のネクル界。長きにわたって断絶していた人間と亜人によるそれぞれの聖戦が描かれる一大叙事詩。難攻不落に思われた黒い塔を陥落させた竜騎兵バラド。最強の暗殺者として恐れられた猫人ニャメ。歴史に残る一騎打ちで知られる筆頭戦士ニモルドと、勇者ニスリーン。鉄の虎メリヴォラ将軍や、冒険家、発明家、大神官といった存在が歴史を動かしては消えてゆく群像劇的展開になっていて、それが紆余曲折の末に皇女イリミアーシェの登極へと繋がる圧巻の物語になっていました。2024/02/09

和尚@ふたぼく ファンタジア文庫様より好評発売中

24
面白かったです! あらすじに違わぬ物語でした。群像劇ともまた違う、歴史の一場面。それも後世の諺になるような場面を人間側と亜人側でそれぞれ描いていく。 歴史です、最初はわからないながらに、その出来事があったからこそ次が紡がれていき、そうしてタイトルとその先へと繋がっていく。 途中の冒険記風の回とか一番好き。 全体を通して、物語の中の世界が戦記が、人の目からきちんと描かれていて、人が描かれていて、読み終わり今、感想が凄いしか出てこない。 お勧めしたい一作です!2024/02/23

冬野

14
初読み作者さんの濃厚な史記ファンタジー群像劇。東京創元社か講談社あたりから単行本で出ていてもおかしくないくらい重厚な物語。こういう形式を列伝って呼ぶんですね。英雄たちの生前の姿が語られ、各々の活躍が有機的に絡み合って壮大な歴史が編み上げられていく。砂埃や血飛沫に霞む景色、竜の咆哮や人々の鬨の声、汗や生活の匂い、そういったものを五感で感じられる。この世界での慣用句の成り立ちが解説されてるのも楽しい。好きなキャラはパタ&ニスリーンで、冒険男爵の章が一番好き。骨太なハイファンタジーがお好きな方はぜひ。星:5/52024/03/03

TERU

14
これはまた随分と骨太なファンタジーで最高じゃないか。 ざっくりあらすじを言うと。「神別れの山脈」によって人間と亜人の住む領域が二つに分たれている世界が舞台のお話。そんな世界における人間と亜人の戦い『聖戦』に関わる英雄たちのお話が幾つも集まって構成されている一冊。英傑たちは何かを成し遂げその散り際に天に座する星として祭り上げられ語り継がれていく。そして星々が連なり人間と亜人による聖戦は大きな佳境を迎える事となる...2024/03/07

真白優樹

13
大山脈の東西に生活圏が分かれた人間と亜人が長き間争いを続ける世界で、戦争の中に生きて散った幾多の英雄の物語。―――天の光は全て星、あの日散っていった英霊の星。 人間と亜人、それぞれの陣営で己の生き方という戦いを貫いた者達の人生を、叙事詩のように語っていく物語であり、彼らそれぞれの生き方が戦争の中で絡み合って、一時でも戦争を終わらせる若き二人に繋がっていく、壮大な面白さあふれる物語である。この先に何が起きるかは語られぬ。だけど戦乱の中であっても、誰もが皆生き延びていくのだ。 うん、面白かった。2024/02/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21727624
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。