電撃文庫<br> 天才少女、桜小路シエルは異世界が描けない

個数:
電子版価格
¥748
  • 電書あり

電撃文庫
天才少女、桜小路シエルは異世界が描けない

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年06月22日 09時57分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 328p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784049149739
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

 桜小路シエルは自称天才マンガ家だ。服はいつも格言入りのTシャツ。引きこもりで、超偏食。喋れば饒舌だが、人と目は合わせられない。
 そんな性格に難ありなシエルと担当編集で従兄のレナに、あるミッションが課せられる。期限内に『異世界ファンタジー』の原稿を準備すること。できなければ、二人ともクビ! 絶対に描けないと言うシエルに、頭を抱えるレナ。追い込まれた二人は突然、異世界へと導かれる。
「そうだ! 異世界が描けないなら、直接、来ればよかったのだ!」
 奴隷商人を懲らしめたり、エルフと友達になったり、二人は異世界を取材してまわる。さらに、シエルは魔王城に行くとまで言い出して――。
 天才少女と新人編集者、果たして異世界マンガは完成できるのか?

内容説明

桜小路シエルは自称天才マンガ家だ。服はいつも格言入りのTシャツ。引きこもりで、超偏食。喋れば饒舌だが、人と目は合わせられない。そんな性格に難ありなシエルと担当編集で従兄のレナに、あるミッションが課せられる。期限内に『異世界ファンタジー』の原稿を準備すること。でなければ、二人ともクビ!絶対に描けないと言うシエルに、頭を抱えるレナ。追い込まれた二人は突然、異世界へと導かれる。「そうだ!異世界が描けないなら、直接、来ればよかったのだ!」奴隷商人を懲らしめたり、エルフと友達になったり、二人は異世界を取材してまわる。さらに、シエルは魔王城に行くとまで言い出して―。天才少女と新人編集者、果たして異世界マンガは完成できるのか?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

34
性格に癖がありすぎる自称天才マンガ家桜小路シエル。従兄で担当編集に任命され、異世界ファンタジーの原稿回収を命じられた保父星レナが、取材できないと書けない彼女のために異世界を訪れる異世界コメディ。潔癖症の引きこもりで超偏食、喋れば饒舌だが人と目は合わせられないシエルと突然異世界に導かれたレナ。奴隷商人を懲らしめたり、エルフと友達になり、さらには魔王城へ行くとまで言い出す展開で、めちゃくちゃ面倒くさいシエルとそれを放っておけないレナがエルフのスモールと意気投合し、魔王まで巻き込まれてゆく展開は面白かったです。2023/04/09

オセロ

20
偏食家で潔癖症に加えて極度の人見知り、そんな性格に難ありの漫画家シエルの編集者になった従兄のレナに編集長から課せられた使命はレナに異世界ファンタジーを書かせること。絶対に書けないと駄々を捏ねるレナに頭を悩まされるレナ達が突如異世界に飛ばされるファンタジー。 異世界の環境と見たこともない人種に戸惑いながらもレナの必死の説明と仲介があって徐々に異世界に興味を持ち始め、エルフのスモールや魔王に突撃取材をして漫画の執筆を進める一方で、過去と向き合ってシエルとレナが関係を一歩進めるラストはグッときましたね。2023/04/08

真白優樹

12
ブラックな出版社に勤める新人編集者の青年が、自称天才漫画家の従妹と共に転移した異世界で取材をしていく物語。―――信じてあなたを理解する、だから共に輝ける。 異世界でドタバタの珍道中を繰り広げる中、生きづらさを抱える従妹に向き合う青年が奔走する物語であり、異世界、というものそのものの面白さを煮詰めた、実に春日みかげ先生らしいお話である。異世界を満喫し、それを新たな作品に仕上げ。思い合いながら二人三脚で進んでいく二人は、どんな漫画を作り上げるのか。今度はどんな物語が生まれるのか。 次巻もあって欲しいものである2023/04/10

きくりん

11
人と上手く関わる事が苦手なシエルと、そんな彼女を学生時代まで陰ながら支えていた主人公が、漫画家と編集者として再会し、編集長のムチャぶりに答えるべく、ひょんな事から手に入れたとあるアイテムで異世界に転移してネタ探ししようとする物語。ということで、めっちゃくちゃ面白かった。(笑)他作品のパロディがいろんな所に散りばめられていてクスリとさせられたし、異世界で出会い、仲間になる魔導士見習いエルフのスモールがとにかくいい子で、すごく好きなキャラだった。続編がもしあるのであれば、引き続き買いたいと思う作品だった。2023/09/07

TERU

11
自称天才マンガ家・桜小路シエルと担当編集で従兄のレナにあるミッションが課せられる。それは、期限内に『異世界ファンタジー』の原稿を準備すること。出来なければ二人ともクビにさせられる!?歴史モノにしか興味がないシエルは、全く知らない異世界など絶対に描けないと言い放ちレナは頭を抱えてしまう...その時、シエルが海外旅行のお土産で買った謎の鏡が光を放ち... これはかなりクセ強な作品でした。 異世界モノが描けないと駄々をこねる歴史モノを専門のマンガ家・シエルが、実際に異世界に行って体験した事を漫画にしていく話。2023/04/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20879980
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。