電撃の新文芸<br> 残虐すぎる異世界でも鈴木は可愛い

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

電撃の新文芸
残虐すぎる異世界でも鈴木は可愛い

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月28日 14時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 299p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784049140477
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

【『慎重勇者』の土日月が贈る新たなる俺TUEEE冒険譚、ここに開幕!】

 異世界でほのぼのスローライフ生活を夢見る少年・鈴木隆(すずきたかし)。
 可愛い動物を飼い慣らすべく『現地の種族から無条件に愛される』チート能力を手に異世界転生……と思いきや転生先は、残虐な魔族たちに支配された処刑・拷問・略奪、何でもありの血生臭い世紀末世界で――!?
 己の武器は最強無敵の“可愛さ”のみ。魔族に取り入り血と暴力に満ちた世界を変革せよ!

内容説明

異世界でほのぼのスローライフ生活を夢見る鈴木隆。可愛い動物を飼い慣らすべく『現地の種族から無条件に愛される』チート能力を手に異世界転生…と思いきや転生先は、残虐な魔族達に支配された処刑・拷問・略奪、何でもありな血生臭い世紀末世界―!?己の武器は最強無敵の“可愛さ”のみ。魔族に取り入り血と暴力に満ちた世界を変革せよ!電撃の新文芸2周年記念コンテスト○○無双!!部門大賞作品。

著者等紹介

土日月[ツチヒライト]
『この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる』にてカドカワBOOKSよりデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

TERU

7
異世界でほのぼのスローライフ生活を夢見る少年『鈴木隆』。
『現地の種族から無条件に愛される』チート能力を手に異世界転生...しかし転生した世界は、人類が残虐な魔族たちに支配され、処刑・拷問・略奪、全てがまかり通る地獄の様な世界だった... 可愛いだけで地獄の様な異世界を生き残れるのか!? 『残虐』と『可愛い』で交互に乱打される作品。人類が魔族たちに物として扱われ消費されていく世界が舞台。そんな世界で鈴木は、無条件に愛されるチート能力で魔族を内部から変えようと奮闘していく鈴木は可愛い。 2022/04/11

はらじゃがりこ

0
とにかく設定が良い。 異世界に呼び出されて世界を救う的なテンプレをなぞりつつも、主人公は暴力でも謀略でもなく、可愛さによって世界を救おうとする。 敵を打ち倒すのではなく、敵を敵でなくするための戦い。こんな崇高なことってある!? バトルは心踊るし、権謀術数はワクワクする。でもそれは絶対じゃない。 シビアさとコメディが同居した空気感も好みは出そうだが魅力的だし、話のテンポも良い。 もっと評価されて良い作品。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19366192
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。