電撃文庫<br> 恋は双子で割り切れない〈2〉

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり

電撃文庫
恋は双子で割り切れない〈2〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月24日 18時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 344p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784049139419
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

 わたしの妹は昔から賢くて、変わり者で、自由だった。
 純と付き合うよう仕向けたわたしの狙いにも容易く勘付き、結果、那織の策略によって三人のこじれた関係がリセットされるに至ったのが先日のこと。
 那織曰く、「単純明快な三角関係でしょ? 私はもう手加減しないからね」
 だからこれからは正々堂々の勝負……なはずだけど、やっぱりこじれてばかり。
 友達の慈衣菜は純に勉強教えて欲しいとか言い出すし、那織は機嫌が悪いみたいだし、純は恋愛そのものから距離を置こうとするし。わたしはと言えば、まだこの状況を素直に飲み込めなくて。
 そんな中、わたしたち姉妹の誕生日が近づいてくる。……だからちょっとだけわがままを言ってみたい。昔みたいに、キスをして、って。

内容説明

わたしの妹は昔から賢くて、変わり者で、自由だった。純と付き合うよう仕向けたわたしの狙いにも容易く勘付き、結果、那織の策略によって三人のこじれた関係がリセットされるに至ったのが先日のこと。那織曰く、「単純明快な三角関係でしょ?私はもう手加減しないからね」だからこれからは正々堂々の勝負…なはずだけど、やっぱりこじれてばかり。友達の慈衣菜は純に勉強教えて欲しいとか言い出すし、那織は機嫌が悪いみたいだし、純は恋愛そのものから距離を置こうとするし。わたしはと言えば、まだこの状況を素直に飲み込めなくて。そんな中、わたしたち姉妹の誕生日が近づいてくる。…だからちょっとだけわがままを言ってみたい。昔みたいに、キスをして、って。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

海月

74
2巻は自分の中で流行りのKindleにて読了。 相変わらず最高の物語でした(笑)と言うかそこで繋がるかーって何故か気持ちよく追われるこのストーリー展開は自分の知ってるラノベではこの作品だけですね。 とりま、今回のあらすじは双子の誕生日が近づきつつある中誕生日のプレゼント探しつつ新たなキャラのこの追試を主人公が教えてあげて恋が若干もつれつつも…いいとこなのでこれ以上は秘密だし自分も読み返すように全ては語りません。 ただ3巻確定のエピローグは期待大ですね☆次の巻は年末あたりかなぁ?これは応援します!2021/08/15

芳樹

50
会話劇をを中心にキャラクタそれぞれが持つ魅力を大いに引き出しここまで読者を惹きつける、作者の力量に唸らされます。今回も面白かった!三人の関係はリセットされたけど、やっぱり那織と琉実は純一筋で。一方純は二人が気になるけど恋愛から距離を置こうとして。そんな中に琉実の友人・慈衣菜が放り込まれるものだから一騒動。このやり取りが実に楽しい。部長の存在感も大きくなって、これからも物語にアクセントを加えてくれことでしょう。さて那織が何やら企んでいるようですが、これがこの先どう効いてくるのか。続きを楽しみに待っています。2021/08/09

よっち

42
昔から賢くて変わり者で自由だった那織の策略によっていったんリセットされた三人のこじれた関係。そこに流実の友人慈衣菜が純に追試の勉強を教えて欲しいと言い出す第二弾。思わぬ伏兵の出現に戸惑う流実、相変わらず機嫌の悪い那織、恋愛から距離を置こうとする純、そして彼らの関係にするりと入り込んできた慈衣菜の真意。リセットはされても双子が意識しているのは純で、一方どうすればいいか戸惑いはしても純にとって双子が大切な存在なのは間違いなくて、そんな三人の関係を知り尽くした上での慈衣菜を巡る深謀遠慮には唸らされました(苦笑)2021/08/06

オセロ

34
リセットされた関係で再スタートすることになった純達だったが、そんな純に勉強を教えて欲しいという美少女の慈衣菜が現れる。秘めた想いを隠しきれない琉実、慈衣菜に嫉妬する那織、そしてじっくりと双子との恋に向き合おうとする純。三者三様の悩みを抱えながら過ごす日々の中で自由奔放な慈衣菜が良いスパイスになっていましたね。那織の意外な一面が見られたオチには大満足で、次巻も楽しみです。2021/08/10

わたー

31
★★★★★前回、仕切り直しとなった関係性。それを好機と見て相手に遠慮しなくなった双子たちと、緩やかな停滞を望む純との対比が鮮明になってきたように思う。そして周囲が、純のそのスタンスを許さないように動いていることが、匙加減ひとつでどちらのヒロインに転んでもいいような絶妙な展開を生んでいて良かった。1巻の出来が良すぎただけに、どのようにシリーズを続けるのか勝負の2巻だと思っていたので、このクオリティには満足の一言。次巻にも大いに期待したいが、どのように続くのか全くわからないなコレ。2021/08/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18294680

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。