電撃の新文芸<br> Babel〈4〉言葉を乱せし旅の終わり

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり

電撃の新文芸
Babel〈4〉言葉を乱せし旅の終わり

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年02月25日 10時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 484p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784049138276
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

言葉と人間を巡るロードファンタジー、堂々完結。

内容説明

キスクでの激動を経てファルサスに帰還し、子供用の言語教材を作成する仕事についた雫。エリクと協力して引き続き日本帰還の手立てを探り続けていたが、その鍵となるはずの外部者の呪具、秘された歴史を記した本の一冊が予想外な場所から見つかることに。一方、もう一冊の呪具を保持する邪悪な魔法士アヴィエラは、突如として大陸全土に向けて宣戦布告する。「私の名はアヴィエラ。七番目の魔女。時代の終わりと始まりでお前を待っている」決戦の地は、禁呪によって異界化した亡国ヘルギニス跡地。ファルサス国王ラルス率いる連合国軍が結成され、呪具の片割れを所持する雫も否応なく戦いに巻き込まれていく。神話の時代に遡る言語の由来、子供達が言葉を失う流行り病、この世界を観測する外部者の存在、そして現代日本からやってきた雫が言葉を解する意味。その全ての謎が一点に収束して明かされていく。長い長い旅の果てに、少女が知る真実とは―。言葉と人間を巡る異世界ロードファンタジー、堂々完結。

著者等紹介

古宮九時[フルミヤクジ]
第20回電撃小説大賞、最終選考作『監獄学校にて門番を』(電撃文庫)にてデビュー。個人webサイトにて掲載していた『Unnamed Memory』が書籍化され、『このライトノベルがすごい!2020』(宝島社)単行本・ノベルズ部門にて総合&新作第1位に輝く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

36
キスクでの激動を経てファルサスに帰還し、子供用言語教材を作成する仕事についた雫。一方、邪悪な魔法士アヴィエラが突如として大陸全土に向けて宣戦布告する第四弾。子供に言語を教えながらエリクと帰還の手立てを探り続ける雫、意外な場所から見つかった秘された歴史を記す一冊の本を巡る因縁、そして七番目の魔女を名乗るアヴィエラとの決戦。相変わらず雫は無茶するな…と思いながら読んでましたけど、これまで積み重ねられてきた伏線が徐々に収束して明らかになるひとつの真実は鮮烈で、長い旅の果てに下した雫の決断が印象に残る物語でした。2021/07/15

陸抗

25
最終巻。雫の言葉が通じる謎と、その他気になる事がほぼ判明した。彼女の、大切なものを諦めない強さが世界を変えたけれど、周りは、特にエリクはどれだけやきもきさせられたんだろう。この世界にやってきてから選択の連続で、雫が最後に選んだことが正しかったか間違っていたか、判断するのは雫自身が決めることでこちらが何かを言うのは野暮。ただ、幸せだった?とこっそり聞いてみたい。2021/11/15

まるとも

12
あぁぁぁー待ってやばい。やばいよ。ほんとだよ!!今まで読んできた小説で1番好きな作品になっちゃったかも。いやーうわー〜うおわぁー...あー〜待ってほんとに面白かったんだよ。ほんとまじでめっっっちゃくちゃのくっちゃくちゃに。うわーーーーーーーーーえーーーーーーーーーーどうしよー終盤なんか泣きそうになっちゃったし、なんとか堪えたんだけど余韻が余韻が余韻がで えーーどうしよーーーーーーえええええーーーおぉぉぁぁあーーー〜はぁぁぁぁぁ2023/07/29

kitten

11
図書館本。言語学がメインの異世界ファンタジーBabelの最終巻。前を読んでからかなり時間が経ったので忘れているところも多い(特にリースフェンの関係)。いやぁ、最後の展開は二転三転ですごかったわ。雫の最後の決断とエピローグまで含めて素晴らしかった。基本、ネタバレは書きたくないのでこの巻の感想は書きづらいが、いくら何でもそれはありなのか?という展開だった。うーん、最初から読み返してみたくなるのは、UnnamedMemoryと同じだけど、最初から読み返すにはあまりにも長すぎるのも同じ。評価、星32021/09/27

みどり

9
一番厚いラストの1冊。 主人公である雫の本当の謎と、決断には涙。 誰の心の中にもある「自分がきっとこの世界の異分子だ」という、ある意味中二病的な思いが、結果としてこの結末を迎えたのかな。 でもそれは、本当に誰にでも心の中にあって、いくつになってもあるものだと思う。それに折り合いをつけていくのが年を取るということだけど、「自分で選んで」そういう道を活けるならきっと幸せになる。南の海は見えたのかな。2021/07/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18142200
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。