電撃文庫<br> 幼なじみが絶対に負けないラブコメ〈7〉

個数:
電子版価格 ¥715
  • 電書あり

電撃文庫
幼なじみが絶対に負けないラブコメ〈7〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年12月09日 08時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 313p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784049137361
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

 両親との問題が解決した真理愛だけど、なんだか雰囲気が変わり、俺も一緒にいると前より照れくさい気が……って、これはまさか、黒羽や白草と同じくらい、真理愛を意識してるってことなのか!?
 そんな真理愛を含めた三人からのアプローチが勢いを増す中、新たなトラブルが勃発。朱音が不良の先輩に告白されて、何やら揉めているらしい。ここは兄貴分として助けてやるしかない! ……のだが、中学時代の制服を着て学校に潜入とか恥ずかしいんですけど……。女子たちの中学の制服姿が見られるのはラッキーだけどな! しかし、蒼依や碧も最近なんか変だし、俺、何もしてないよな!?
 黒羽の妹たちも参戦で、末晴もパニック寸前のヒロインレース第7弾!

内容説明

両親との問題が解決した真理愛だけど、なんか雰囲気が変わって、俺も一緒にいると前より照れくさい気が…って、これはまさか、黒羽や白草と同じくらい、真理愛を意識しているってことなのか!?そんな真理愛を含めた三人からのアプローチが勢いを増す中、新たなトラブルが勃発。朱音が不良の先輩に告白されて、何やら揉めているらしい。ここは兄貴分として助けてやるしかない!…のだが、中学時代の制服を着て学校に潜入とか恥ずかしいんですけど…。女子たちの中学の制服姿が見られるのはラッキーだけどな!しかし、蒼依や碧も最近なんか変だし、俺、何もしてないよな!?黒羽の妹たちが参戦し、末晴もパニック寸前のヒロインレース第7弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

海月

56
最近ざっくばらんにオールジャンル攻めてる海月です(笑) 今回は最近いいペースで発刊されてるこの作品。アニメも始まって久し振りに電撃文庫が賑わってる感じがします。そんな今号は少し目線を変えてカラフルシスターズの三女、四女の双子姉妹の話。 ラノベって基本的に王道ストーリーを貫く感じだけどこの作品はなかなかに感心させられます。だからこそ人気が出てるんだろうね。 次号ももう決まってるみたいなのでまだまだ終わりは遠そうです☆2021/04/19

芳樹

45
【電子】中学校での人間関係トラブルによって朱音にピンチが。彼女を助けるため群青同盟メンバーが一肌脱ぐことになり…。志田四姉妹、特に双子の妹・朱音&蒼依に焦点を当てた回でした。二人とも末晴をこんなにも想っているのに、相手からは妹としか思われていない。そんな年下女子の悲哀が感じられて切なくなります。ですが、二人ともきっと負けてはいないですね。特に蒼依は黒羽なみに強かだな…。さて、末晴の決断と黒羽たち三人の次の一手は波乱を巻き起こすこと間違いなし。続きが大いに気になります。2021/04/11

よっち

44
両親との問題を解決して真理愛も意識する中で、不良の先輩に告白されて揉めているらしい朱音を群青同盟として助けるべく、中学時代の制服を着て学校に潜入する第七弾。朱音が末晴を意識して不良の告白をすぐに断らずに保留したことから発生した不穏な状況。今回は母により黒羽が行動制限される中で、双子の妹・蒼依と朱音がクローズアップされる感じでしたけど、それでも合間を見てアプローチする三人がいて、中でも黒羽は抜け目ないなあと(苦笑)末晴もそっちに向かうのねとは思いましたけど、対する三人の奇策でどうなるか…というところですか。2021/06/05

おにおん

19
志田姉妹達にスポットが当たった第七巻。読む前は「志田姉妹にスポットが当たるのか…箸休め的な巻なのかな?」と思っていましたが、そんなことはありませんでした笑。最後の引きに繋がるストーリーが見事に構築されていましたし、ヒロインレースも加速していて大満足でした!次巻は恋愛頭脳戦が更に加速しそうな雰囲気もあり、とても楽しみです!!2021/04/10

かっぱ

14
シリーズ7弾。真理亜の急上昇によってヒロインレースが加熱する物語だけれど、三人に対する答えを未だに出せない末晴。それを情けないと思う気持ちもあるんだけど、三者三様の彼女たちが策を張り巡らせていることを描いているから不思議と末晴に同情してしまう感情の方が大きいかもしれない。ただ今回は強固なエピソードを持つ三人を追いかけるもう一人のヒロイン蒼衣の立ち振る舞いに焦点が当てられてそれがまた面白い。哲彦の最終目標地点や三人が企てる続刊への幕引きなどまだまだ見逃せないシリーズだ2021/04/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17677994

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。