電撃文庫<br> 魔王学院の不適合者〈9〉―史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う

個数:
電子版価格 ¥803
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

電撃文庫
魔王学院の不適合者〈9〉―史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う

  • 秋【著】
  • 価格 ¥803(本体¥730)
  • KADOKAWA(2021/04発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 35pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月27日 18時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 465p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784049137347
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

 最悪の敵・グラハムを倒し、亡き父の無念を晴らしたアノス。
《創星エリアル》により失われた記憶の大部分も取り戻した中、最後の創星を預かっていたサーシャに異変が起きる。
「わたし、破壊神アベルニユーだわ」
 創星の影響か、自身が破壊神の転生した姿だと言い始めるサーシャ。事の真偽を確かめるべく、アノスたちは断片的に蘇った彼女の記憶に従い、魔王城の探索を開始する。すると城内の至る所に破壊神が遺した痕跡が見つかることとなり――。
 世界を創造した創造神、そして彼女の姉妹とされる破壊神。二柱の神の秘密が今、解き明かされる!! 第九章《魔王城の深奥》編!!

内容説明

最悪の敵・グラハムを倒し、亡き父の無念を晴らしたアノス。“創星エリアル”により失われた記憶の大部分も取り戻した中、最後の創星を預かっていたサーシャに異変が起きる。「わたし、破壊神アベルニユーだわ」創星の影響か、自身が破壊神の転生した姿だと言い始めるサーシャ。事の真偽を確かめるべく、アノスたちは断片的に蘇った彼女の記憶に従い、魔王城の探索を開始する。すると城内の至る所に破壊神が遺した痕跡が見つかることとなり―。世界を創造した創造神、そして彼女の姉妹とされる破壊神。二柱の神の秘密が今、解き明かされる!!第九章“魔王城の深奥”編!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

29
最悪の敵・グラハムを倒し、亡き父の無念を晴らしたアノス。失われた記憶の大部分も取り戻した中、最後の創星を預かっていたサーシャに異変が起きる第九弾。創星の影響か自身が破壊神の転生した姿だと言い始めるサーシャ。事の真偽を確かめるべく、断片的に蘇った彼女の記憶に従い魔王城の探索を開始するアノスたち。今回はアノスとサーシャの過去のエピソード、そして彼女とミーシャの関係性の核心に迫ってゆく展開でしたけど、彼女たちの危機をそのままにするアノスではないですよね。どうやってひっくり返してくれるのか、続巻にも期待してます。2021/04/11

Musa(ムサ)

3
サーシャとミーシャ姉妹のこれまで明かされていなかった隠された秘密に迫る一冊。このシリーズはこれまでも情報を出し惜しみすることなくやってきて印象ですが、今回も新たな展開が用意されていて飽きさせない作品です。2021/04/25

hakohni

2
kindle版で読了。2021/05/08

エラリー

1
ここのところ失われた過去の謎解きが続いているが、正直そこはあまり面白くない。やはり強敵の出現とそれを蹴散らす暴虐の魔王という王道パターンを楽しみにしている。2021/09/24

saaya

1
この巻はサーシャとミーシャの回ですねアノス様はやっぱりすごい!ということが再確認できた2021/07/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17679092

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。