電撃文庫<br> ストライク・ザ・ブラッド〈21〉十二眷獣と血の従者たち

電子版価格 ¥715
  • 電書あり

電撃文庫
ストライク・ザ・ブラッド〈21〉十二眷獣と血の従者たち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 331p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784049129571
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

シャフリヤル・レンの策謀によって、異境へと墜ちたアヴローラ。第四真祖の力を手放し、ただの人間に戻った古城に、彼女を救い出す手段はない。だが、苦悩する古城たちの前に現れた第一真祖キイ・ジュランバラーダが、意外な取り引きを持ちかける。キイが古城に与えたのは、新たな漆黒の眷獣たち。無理やり植えつけられた眷獣の影響で、理性を失い、怪物化する古城。残された雪菜たちは、眷獣を制御するために必要な十二人の“血の伴侶”を集めるべく奔走するのだが―。世界最強の吸血鬼が、常夏の人工島で繰り広げる学園アクションファンタジー、待望の第二十一弾!

出版社内容情報

死闘の末に吸血王を倒した古城たちだが、巨大多国籍企業MARの乱入によって、絃神島上空に異境が出現。領主選争は勝者不在のまま、異境を奪い合う第2幕へ突入する。
シャルリヤル・レンに率いられたMARの特殊部隊は即座に異境への侵攻を開始。日本政府を含めた他の勢力も、異境の占領を目論んで慌ただしく動き始める。
そんな中、異境に墜ちたアヴローラを取り戻す方法を探し求める古城だが、第四真祖の能力を手放した古城に対する獅子王機関や人工島管理公社の反応は冷淡だった。
失意のまま自宅へと戻る古城と雪菜。そんな古城たちを思いがけない人物――第一真祖キイ・ジュランバラーダと、彼の伴侶ザナ・ラシュカが出迎えるのであった――。