電撃文庫<br> 錆喰いビスコ〈4〉業花の帝冠、花束の剣

個数:
電子版価格 ¥737
  • 電書あり

電撃文庫
錆喰いビスコ〈4〉業花の帝冠、花束の剣

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月21日 21時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 372p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784049124781
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

 濃密な死の香りに包まれる王の子を寒椿が生かす。煮え滾る鮮血の海から抜け出した子供・シシを救ったのは――、
「俺が誰だか知ってるなら。ガキより大物狙え、腰抜けども」
 疾風無頼の兄上――赤星ビスコだった。
 九州が誇る巨大監獄『六道囚獄』。そこには花を操る人造人間・紅菱の一族が収監されていた。人間に逆らえない宿命を背負い、監獄の中で虐げられる紅菱たち。しかし彼らを捕らえているのもまた、桜を操る紅菱で――。キノコの生命力を奪い咲き誇る花々。進化のキノコ『ナナイロ』の胞子により生じた未知なる花力が日本を動かす!

内容説明

濃密な死の香りに包まれる王の子を寒椿が生かす。煮え滾る鮮血の海から抜け出した子供・シシを救ったのは―、疾風無頼の兄上―赤星ビスコだった。九州が誇る巨大監獄『六道囚獄』。そこには花を操る人造人間・紅菱の一族が収監されていた。人間に逆らえない宿命を背負い、監獄の中で虐げられる紅菱たち。しかし彼らを捕らえているのもまた、桜を操る紅菱で―。キノコの生命力を奪い咲き誇る花々。進化のキノコ『ナナイロ』の胞子により生じた未知なる花力が日本を動かす!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

46
花を操る人造人間・紅菱の一族が収監される九州が誇る巨大監獄『六道囚獄』。濃密な死の香りに包まれる王の子シシをビスコたちが救う第四弾。人間に逆らえない宿命を背負い監獄の中で虐げられる紅菱たち。ヒトの意志を得た紅菱の王子・シシとビスコたちとの出会い、紅菱たちを捕らえているサタハバキとの熱い激闘。どつきあい罵り合いながらも何だかんだで伴侶とか言っちゃうビスコにはニヤニヤしましたけど、今回はシシの父・ホウセンの思惑に上手く乗せられた感もありましたかね。あの結末から次にどう繋げてゆくのか、続巻に期待ということで。 2019/10/01

まりも

41
荒れ狂う桜吹雪がビスコとミロに襲い掛かる待望の新章遂に開幕! こいつは驚いた。シリーズ物が第2部に入るとおとなしくなったり、パワーダウンしがちだが我らが「錆喰いビスコ」にそんな心配は無用だったか。むしろ新たな役者達が加わったことで、これまでの破茶滅茶さと非常識具合はそのままに、更に衝撃の超展開まで楽しめるようになりやがった。ルール無用!信念上等!な「錆喰いビスコ」の世界に巻き起こる血塗られた掟は一体どうなっていくのか。続きが気になって仕方がないが5巻を読めるのは冬になってから。予告から既にヤバいぞ。2019/07/12

ゆなほし

39
シリーズ4作目。九州が誇る巨大監獄「六道囚獄」を舞台にキノコ守りビスコと相棒ミロ、人造人間紅菱シシが法の番人と大激闘を繰り広げる―。今巻も文句無しの面白さで、読む度にこのシリーズの唯一無二の世界観と昨今珍しい程の魅力の塊たる主人公に夢中になる。巻ごとに大きく舞台を変え、敵を変え、今巻は地獄と法の番人。これがビスコと対峙して面白くない訳が無いし、毎巻キノコ守りに無限の可能性を見出すまるで少年漫画のような王道ストーリーは、読み手を惹き付けてやまない。全く衰えない勢いを感じつつ、次巻も楽しみである。2020/01/05

中性色

31
ハートビートモーターズ。正直読んでるうちはあまりストーリーなどは入ったりはしてこないんだが、勢いでもわりかし読める。しかし、この作品はいちいち悪役がいいな。しかし、今回のシシは前回でいうところのチロルみたいな立ち位置なのかな。ついていった割にはパウーの出番そんなないな。しかし、今度はアイヌ関係なのだろうか2019/07/11

サケ太

27
次なる舞台は監獄。新たなる存在、紅菱。新キャラのシシも良い感じ。ビスコが格好良い。王としての在り方を背負った少女の行く末はどこにいくのか。次も楽しみ。2019/09/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14005780

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。