電撃文庫<br> 滅び時だと彼女は告げた―#異能犯罪捜査“零局”

個数:
電子版価格 ¥693
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

電撃文庫
滅び時だと彼女は告げた―#異能犯罪捜査“零局”

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 319p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784048939607
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

世々結嘉は謎を解かない……ただ、犯罪者を滅ぼすのみ。「キミは、もう滅び時だね」
他者の心を操る<心壊者>を取り締まる異能犯罪捜査<零局>。その機関の最年少リーダー――オオカミ・フードがトレードマークの世々結嘉は、犯罪者を滅ぼすのを生きがいとする変わった少女だ。
同じく<心壊者>の彼女には悪を滅ぼす力があり、鑑識科学や法医学など専門技能を有した仲間と共に、異能犯罪者たちを狩る。
俺は誰なのかって? しがないこいつの相棒兼助手さ。
神に愛された推理力を誇る世々結嘉と相棒の蒼井諒助。2人の異能捜査官が挑むクライム・サイコサスペンス。

久我 悠真[クガ ユウマ]
著・文・その他

mitan[ミタン]
イラスト

内容説明

「キミは、もう滅び時だね」他者の心を操る“心壊者”を取り締まる異能犯罪捜査“零局”。その機関の最年少リーダー―オオカミ・フードがトレードマークの世々結嘉は、犯罪者を滅ぼすのを生きがいとする変わった少女だ。同じく“心壊者”の彼女には悪を滅ぼす力があり、鑑識科学や法医学など専門技能を有した仲間と共に、異能犯罪者たちを狩る。俺は誰なのかって?しがないこいつの相棒兼助手さ。神に愛された推理力を誇る世々結嘉と相棒の蒼井諒助。2人の異能捜査官が挑むクライム・サイコサスペンス。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

真白優樹

14
他者を操る異能を持つ者達を取り締まる組織で、犯罪者を滅ぼす事を生きがいとする少女と相棒の青年が犯罪者を狩る物語。―――汝、罪あり。疾く滅ぶべし。 犯罪者達と相対し、残らず纏めて狩りつくす。推理もののクールな魅力と、狩りというダーティな魅力。二つの魅力が絡まり合い、相乗効果で更に面白さを醸し出している物語である。先を往く犯人との、予断を許さぬ状況の続く、一寸先は一寸先は死につながるかもしれぬ戦い。犠牲なくして勝てぬ戦いへ突き進む中、果たして彼等は最後まで生き延びれるのか。 次巻はいつになるだろうか。2018/10/13

わたー

13
【試し読み】他者の心を操る心操者が蔓延る世界で、同じく心操者の少女が悪を裁く物語。文体はとっつきにくい、序盤から作品独自の専門用語のオンパレードで世界観に入り込むのが苦痛だった。試し読み部分まで読んでようやくスタートラインに立てる作品となっているため、ここまで公開したのは英断だと思う。2018/10/09

ツバサ

12
良いと思うけど、悪いとも思う。複雑な感触がした。久しぶりに評価に迷う作品に出会った。2018/10/17

T

11
他者の心を操る<心壊者>を取り締まる異能犯罪捜査<零局>。その機関の最年少リーダー・世々結嘉と彼女の相棒兼助手の蒼井涼助は、ある目的があった。2人の異能捜査官が挑むクライム・サイコサスペンス、開幕。<心壊者>が引き起こす事件を、<心壊者>の結嘉が推理し、裁く物語。誰がどんな能力をどういう風に使っているのかの推理パートやストーリーの構成は勿論、結嘉と涼助、仲間たちの掛け合いも面白かったです。個人的にすごく続きが気になるものの続刊が出ていないのが残念です。2021/02/13

なぎ

9
表紙の雰囲気に惹かれて購入。個人的に好みの設定で面白かったです。問題児でもある結嘉の世話を焼きながら事件解決に奔走する諒助は典型的な優しいお兄ちゃんタイプで応援したくなる。結嘉のチーム自体が癖のある人間ばかりなので尚更ですね。肝心の因縁の相手である夜耶とは決着がつかないまま終わってしまって残念。凄まじいまでの妹ラブっぷりにさすがに引いたよ、今まで巻き込まれた人が不憫だ。夜耶は結局どんな異能を持ってるんだろうか。諒助が今の結嘉と歩いていくことを決めているラストに安心しつつ読了しました。2018/10/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13136797

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。