電撃文庫<br> 剣と魔法と裁判所〈2〉

個数:
電子版価格
¥715
  • 電書あり

電撃文庫
剣と魔法と裁判所〈2〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 264p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784048934992
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

 魔法学校に通う優等生アイリは、拳を握り締め燃えていた。いつの日にか、極悪弁護士キールを倒すことを夢見て――。だが、その手に握られているのは雑巾。アイリは相も変わらずキールの許で、タダ働きさせられているのだった。
 アイリが働く法律事務所のキールは、勝利のためなら手段を選ばない無敗の男。そんな彼が挑む次の依頼は、冒険者によって殺されたモンスターの敵討ちだ。
 冒険者がモンスターを倒すことが当たり前のこの世界で、キールが導き出す常識破りの奇想天外な解決策とは――!?

内容説明

魔法学校に通う優等生アイリは、拳を握り締め燃えていた。いつの日にか、極悪弁護士キールを倒すことを夢見て―。だが、その手に握られているのは雑巾。アイリは相も変わらずキールの許で、タダ働きさせられているのだった。アイリが働く法律事務所のキールは、勝利のためなら手段を選ばない無敗の男。そんな彼が挑む次の依頼は、冒険者によって殺されたモンスターの敵討ちだ。冒険者がモンスターを倒すことが当たり前のこの世界で、キールが導き出す常識破りの奇想天外な解決策とは―!?詭弁を弄して勝利を勝ち取る無敗の弁護士と、心優しき魔法少女が織りなす痛快リーガルファンタジー。

著者等紹介

蘇之一行[ソノカズユキ]
『マンガの神様』(電撃文庫刊)で第21回電撃小説大賞“銀賞”を受賞。同作でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ツバサ

11
モンスターを家族に数えるのは難しい問題だよなぁ。そもそも考え出したら止まらない議題だし。人間とは何をもって人間なのか、逆に人間側がモンスターかもしれないし。ともかく2巻も面白かったです。ゆーげんさん……2017/11/12

中性色

8
だからなぜその画がないと。にしても、この作者は所謂嫌いになれない主人公というものではなく、なんか好きになれない主人公ばっかなんだよな。前作も今作も。あと前巻は細々とした話が最後につながってたけど、今回は短編形式で分かれてるのも原因かもしれない。しかし、妖精さんって常にあれが思い浮かぶ2017/11/15

HANA

5
ファンタジー裁判話、2巻。今回はモンスターと冒険者という話が中心。ライバルになりそうなキャラクターも出てきたけれどこれからどうなっていくか。もうちょっと法廷っぽさが強くなるともっと面白くなりそう。2017/12/06

teorai(ショウ)

4
中の中。2巻は前回と異なり、しっかりとした裁判が行われていて面白かった。1巻のコメディ要素が強いのもよいが、今回の特にドロシーの一件は、どのように解決するのか、山場があり盛り上がった。1,2巻と方向性の異なる顔を見せており、今後に期待が高まる一冊だった。2018/08/19

UPMR

4
流石に挿し絵が少なすぎないか……?ほとんど口絵だけじゃん。前回より扱う事件の数を減らし、実質的にひとつの裁判に焦点を絞ったのは良かった。モンスター殺しを訴えるという勝ち目の見えない絶望的な状況に立ち向かう展開は確かに面白い。ただ、肝心の裁判シーンが物足りなかった。絶体絶命になったかと思いきや、次のシーンでキールが伏線もなくあっさりと状況を覆しているからカタルシスがまるでない。いっそモンスター殺しに丸々一冊割いたほうが良かったのでは?2018/01/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12364001
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。