電撃文庫<br> キリングメンバー―遥か彼方と冬の音

個数:
電子版価格
¥693
  • 電書あり

電撃文庫
キリングメンバー―遥か彼方と冬の音

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 328p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784048928854
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

選考会で物議をかもした、第23回電撃小説大賞最終選考作が登場! ある朝、学校の理科準備室で桜井夏希が殺された。密室殺人だった。当日学校を休んでいた遠藤彼方は、友人の山崎快斗から事件の話を聞き、不謹慎ながら興味を惹かれる。刑事である山本観月と柴田旭は捜査に乗り出し、被害者の父である桜井秋園もまた独自に犯人特定を急いでいた。
 事件が起きても日常は進む。彼方と快斗は、休日近藤此方と遊んだり、また彼方は翌週の放課後、恋人である久保詩織と談笑しながら下校する。しかし、そこで観月に声を掛けられたことから事態は急転する。
 次々と不審死を遂げる学校関係者。連続殺人犯と連続誘拐犯。六年前に起きた凄惨な事件とその被害者。全てに関与する一人の人間。夏希の死をきっかけに、あらゆる歪みが露呈する。これは、謎を解き、犯人を暴く物語──ではない。

秋月 陽澄[アキツキ ヒズミ]
第23回電撃小説大賞の最終選考作にてデビュー。

さらち よみ[サラチ ヨミ]
漫画、小説の装画、ゲームのキャラクターデザイン&原画家などとして活躍中。

内容説明

ある朝、学校の理科準備室で桜井夏希が殺された。当日学校を休んでいた遠藤彼方は、友人の山崎快斗から事件の話を聞き、不謹慎ながら興味を惹かれる。刑事である山本観月と柴田旭は捜査に乗り出し、被害者の父である桜井秋園もまた独自に犯人特定を急いでいた。事件が起きても日常は進む。彼方は休日に近藤此方と遊び、恋人である久保詩織と下校する。しかし、そこで観月に声を掛けられたことから事態は急転する。次々と不審死を遂げる学校関係者。連続殺人犯と連続誘拐犯。六年前に起きた凄惨な事件とその被害者。全てに関与する一人の人間。これは、謎を解き、犯人を暴く物語―ではない。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ましゃ

43
これは問題作。ライトノベルで出てるけど中高生は読まない方がいい。学校で起こった殺人事件をきっかけに六年前に起きた凄惨な事件へと繋がり、その被害者である全てに関与する一人の人間へ‥。生きるため、正義のため、嫉妬、復讐とそれぞれが理由をつけて殺人を犯すんだけど何も解決になってない。どんな理由であれ殺人を犯した者に説得力なんて無いと私は思っている。それでもセリフや文章が上手く感じたため私はこの作品に引き込まれました‥「あなたは何も悪くない。運以外は、何も」これは確かに、謎を解き、犯人を暴く物語‥‥‥ではない。2017/10/31

まりも

38
学校の理科準備室で起きた殺人事件。その事件がきっかけとなり周囲の歪みが明らかとなっていく物語。全く共感出来ないサイコパスたちばかりが登場し、物語の結末も救いがない上に後味も最高に悪い。だけど物語に溢れる狂気と怒涛の展開に乗せられて一気読みできる。正直この作品をオススメする事は出来ないけど、この衝撃は確かにスゴイですね。これは癖が強すぎる。あんまり自分の好きなタイプの作品ではないけど、こんなモノを書ける作家さんは貴重だと思うし、今後も頑張って貰いたいな。次回作も期待してます。2017/05/14

たこやき

12
学校内で殺された生徒会長。その死の謎を探る生徒、そして、理事長……と、最初はミステリ小説的な流れなのだけど、読み進めるうちにだんだんとおかしな方向へ。中心にいるのは、かつて「医師」によって作り上げられた 最強の処刑人たち。やがて、彼ら、そして、様々な思惑を持つ者たちによる殺し合いに発展していって……。誰が誰なのか? そんな絞り込みと、殺伐とした雰囲気が一つの味であるのは確か。ただ、視点移動が多く、途中で何が何だかよくわからない状態になってしまったりもする。2017/10/06

真白優樹

11
一件の殺人事件を契機に、被害者の周りの者達の抱える歪みが露呈する物語。―――噴出する歪みの先、全てが繋がる先は闇ばかり。誰もが皆、救えない程壊れている。救えない者達が交錯し、狂気と血が迸る先に救いなんてありはしない。これはそんな誰も救われぬ物語であり、救えぬ壊れて歪んだ者達の中、幾多の屍を積み上げた先に二人が幸せを探す、何も解決も救いもしない物語である。遺されるのは後味の悪さ、咽る味。だけどそれでも心に刺さる何かを見てみたいという読者様には、是非とも読んで頂きたい物語である。貴方には、何が見えるだろうか。2017/05/11

HANA

10
出てくるキャラクターがほぼ殺人犯というなかなか衝撃的な設定。話はミステリっぽくはあるんだけれどそれよりもキャラクタ重視な印象。バタバタと切り替わるキャラクタ視点と印象が良かった。次も楽しみ。2017/06/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11748132
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。