電撃文庫<br> ディエゴの巨神

個数:
電子版価格
¥715
  • 電書あり

電撃文庫
ディエゴの巨神

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 392p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784048924894
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

『はたらく魔王さま!』和ヶ原聡司が贈る巨神と黄金郷を巡るファンタジー!新大陸の発見に沸き立つ変革の時代。海洋国家スピネイア王国に住む青年ディエゴは、違法とされる陰陽術の研究を進めていた。そのことで彼は、力の出所を疑う謎の娘に襲われ、さらには神聖教会にも目を付けられてしまう。打つ手のないディエゴは、腐れ縁の友人アルバロと共に、新大陸遠征軍の船に乗り込むことを決める。
 黄金の大樹がそびえ立ち、巨神が森を守る新大陸。そこで二人を待ち受けていたのは、水の檻に囚われた少女レラだった。遠征軍のホアキン船長の命令で、陰陽術を使い少女を檻から出す方法を探るディエゴ。だがレラの目覚めと共に、スピネイアで襲撃してきた娘ローゼンが現れる。彼女が駆るのは、森の巨神“タンカムイ”。ディエゴは海洋国家と原住民族との大いなる戦いに巻き込まれてゆくことになり――?

和ヶ原 聡司[ワガハラ サトシ]
第17回電撃小説大賞《銀賞》を受賞。『はたらく魔王さま!』で2011年に電撃文庫よりデビュー。

黒銀[クロギン]
小説の挿絵ほか各所で活躍するフリーのイラストレーター。

内容説明

新大陸の発見に沸き立つ変革の時代。海洋国家スピネイア王国に住む青年ディエゴは、違法とされる陰陽術の研究を進めていた。そのことで彼は、力の出所を疑う謎の娘に襲われ、さらには神聖教会にも目を付けられてしまう。打つ手のないディエゴは、腐れ縁の友人アルバロと共に、新大陸遠征軍の船に乗り込むことを決める。黄金の大樹がそびえ立ち、巨神が森を守る新大陸。そこで二人を待ち受けていたのは、水の檻に囚われた少女レラだった。だがレラの目覚めと共に、スピネイアで襲撃してきた娘ローゼンが、森の巨神“タンカムイ”と共に現われ―?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

37
新大陸が発見された時代。陰陽術の研究者である青年・ディエゴが、友人アルバロと共に新大陸遠征軍の船に乗り込む事で動き出すファンタジー物語。ファンタジー要素をふんだんに取り入れながらも、新大陸発見というロマンの裏にある闇の部分をリアリティに描いた中々の力作ですね。大きな変革を迎えたあの時代に起きた征服者による残酷な行いの数々。そんな急激に変化していく時代の波に呑まれることなく、レラやローゼンたちとの交流を経て行く中で、、新たな時代を創ったディエゴたちの熱い想いと行動力はとても素晴らしく、胸に響きました。2016/11/11

よっち

33
新大陸発見に沸き立つ変革の時代。密かに陰陽術の研究に励む海洋国家スピネイア王国の青年ディエゴが、腐れ縁の友人アルバロと共に新大陸遠征軍の船に乗り込む物語。遠征軍を撃退する森を守る巨神の存在と欺かれた原住民たちの不信、そしてディエゴの悔恨と彼を取り巻く複雑な因縁。理想を持つがゆえに現実に思い至らない面もあったディエゴでしたけど、レラやローゼンといった原住民たちと交流するうちに自分のなすべきことを見出してゆく展開は、新大陸と旧大陸の間で新たに時代を切り開こうとする熱い想いがぶつかりあってとても面白かったです。2016/11/11

Yobata

27
新大陸を発見し意気揚々と乗り込むスピネイア王国の青年。ディエゴは、陰陽術の研究の咎で教会から追われ新大陸へ。そこは原住民の森の巨神が猛威を振るう土地だったが、森の巨神は陰陽術に似た術によって動いており…。「はたらく魔王さま」の和ヶ原聡司先生によるスペインの新大陸上陸を基としたファンタジーもの。新大陸発見の英雄の息子ながら当時好きだった奴隷の少女を売捌いた父を憎む青年ディエゴ。奴隷解放を目指し新たな労働力になるだろう土人形を作るため陰陽術に没頭するも、新労働力は必ず兵力になるだろうというローゼンの言は→2016/11/10

まるぼろ

20
架空の大航海時代に似た世界観の中で、海洋国家スピネイア王国のクリス・コロン提督が発見した「新大陸」にてそのクリスの非道から反発・勘当の身であった息子のディエゴを中心に繰り広げられるお話です。とても面白かったです。イスニアの地形の真実を知った時に、まぁ当然な予想が走りましたが、後書きを読んでやっぱりと…w 終盤にクリスが自身の考えについて長口上を垂れてましたが、やはり野心を正当化しているようにしか聞こえませんでした。しかし終章にてスッキリした気分で読み終えられて良かったな、と。単巻としていいお話でした。→2017/01/31

真白優樹

17
新大陸が発見された世界で、禁忌の術を探る青年とその友人が、巨神を駆る少女と出会い始まる物語。―――未踏の新天地、そこに渦巻くは希望か、欲望か。誰かにとっては希望溢れる未知の世界、だがそこに住まう誰かにとっては異世界からの敵襲であり、開拓の裏にあるは鉄火と略奪。侵略者と守護者、自らの世界と未知の世界。その狭間で揺れ戸惑い、それでももがく青年は未知の世界の少女達との触れ合いから、己の為すべき事を見出し、熱い思いを胸に走り出す。絡まり合った因縁に絡められ、それでも前に進む彼らの行く先とは。 次巻も楽しみである。2016/11/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11213035
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。