電撃文庫<br> 最強をこじらせたレベルカンスト剣聖女ベアトリーチェの弱点〈3〉―その名は『ぶーぶー』

個数:
電子版価格
¥693
  • 電書あり

電撃文庫
最強をこじらせたレベルカンスト剣聖女ベアトリーチェの弱点〈3〉―その名は『ぶーぶー』

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年04月24日 09時44分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 328p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784048924504
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

魔鎌池和馬が贈る異世界ファンタジー第3弾!ぶーぶーの持つ【兵輝】に蓄積された【イベリコオーク】達の魂を解放するため、世界で始めて【魔法】を公開し、【ゲート】を設置した人間【賢者】について調査を進めるベアトリーチェ達。
異世界の真実に近づく彼女達に、テンガロンハットを被った【スケルトン】や、ポンコツ貧乳レオタードの【ノーブルダンサー】ルサールカ達が襲い掛かる!
一方、ぶーぶーを温泉でゴシゴシし、遊園地ではタワーディフェンス、更には雪山で温泉オアシス巡りと意外に異世界大満喫!?
そして明かされる【迷宮】の真実とは──!?

鎌池 和馬[カマチ カズマ]
電撃文庫『とある魔術の禁書目録』『ヘヴィーオブジェクト』『未踏召喚://ブラッドサイン』シリーズ著者

真早[マハヤ]

内容説明

ぶーぶーの持つ“兵輝”に蓄積された“イベリコオーク”達の魂を解放するため、世界で初めて“魔法”を公開し“ゲート”を設置した人間、“賢者”について調査を進めるベアトリーチェ達。異世界の真実へと近づくベアトリーチェ達に、テンガロンハットを被った“スケルトン”や、ポンコツ貧乳レオタードの“ノーブルダンサー”ルサールカ達が襲い掛かる!一方、ぶーぶーを温泉でゴシゴシし、遊園地ではタワーディフェンス、更には雪山で温泉オアシス巡りと、意外に異世界大満喫!?そして明かされる“迷宮”と“賢者”の真実とは―!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スズ

21
ぶーぶーの持つ【兵輝】に封じられたイベリコオークの魂を解放するため、彼の集落を襲った謎の人物、賢者についての調査を始めるベアトリーチェ達。しかし、賢者に近づくなと警告する骸骨の男や賢者からの刺客が襲い掛かる。今回はぶーぶーの仲間達が殺害された事件の真相も明らかになり、彼らが担っていた役割も判明。妖精達がぶーぶーの家を改築したり、遊園地を作ったり、彼に恩返しをしようと頑張っていた。妖精達がぶーぶー達の味方をする中、悪役を演じた骸骨男の姿に号泣したアリスと、「泣かないでくれ」と言う骸骨男の場面が印象的だった。2016/10/16

Yobata

15
ぶーぶーの持つ「兵輝」に、異世界,魔法の存在を明かした「賢者」が関わっていることを知ったベアトリーチェ達は、賢者に迫ろうとするも、スケルトンや氷瀑姫などが立ち塞がり…。今回は殴僧侶のアルメリナ回かな?ぶーぶの村の一末に関わっているだろう賢者に迫るカンスト組に立ち塞がる強敵達。今回のカンスト組は逃走が目立ったねw逃げの一手で勝機を模索し、機転と発想で状況を打開し勝利していくのは鎌池作品ならではの展開だったね。ノーブルダンサーのルサールカと戦ったアルメリナはリアルでルサールカの思いのために大暴れ。→2016/10/08

HANA

10
シリーズ3巻。今回は賢者にせまる話。ぶーぶーの優しさもそうだけれど出てくるキャラクターのそれぞれの良さが出ていて良かった。にしてもカンストしているのを忘れてしまうくらい苦労しているような気がする。次も楽しみ。2016/11/14

ニック肉食

5
展開早いなぁ!これって終盤に判明するものじゃないの?って事実が今巻で判明しました。まぁ、まだ何故なのかって部分はわからないけども。とにかく一気に話が進んだような気がした3巻でした。というかこの作品、3巻まで読んで思ったけど、ファンタジーの皮を被った若干読みやすくなったいつもの鎌池作品ですよね。キャラしかり、話のひねくれ具合しかり。面白いから全然構わないけど。アルメリアが結構好きになった本巻でした。2016/10/09

よねちゃん

4
スケルトンが「ぶーぶーランド」を見たときに思わず呟いていたところで笑ってしまいました。 展開はシリアスなんですけど、どこか笑いがあるような感じでしたね。 これは新しい「笑い」かも知れないです。 まあ、ベアトリーチェ、アルメリナ、フィリニオンの三人も漫才トリオみたいですけどね。2017/03/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11197957
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。