電撃文庫<br> ガーリー・エアフォース〈7〉

個数:
電子版価格 ¥649
  • 電書あり

電撃文庫
ガーリー・エアフォース〈7〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月28日 19時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 259p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784048923910
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

謎多きアニマの少女、グリペンの秘密が いま明かされる! 衝撃の第7巻!バディを撃墜され、F-15Jから降ろされた蛍橋三等空尉。病院で失意に沈む中、彼をスカウトしに技本室長の知寄蒔絵がやってくる。半信半疑で訪れた技本で蛍橋を待ち受けていたのは、複座の軍用機JAS39グリペンと、ポルトガル語を操りペールピンクの髪をなびかせるアニマの少女だった。
 パートナーの少女グリペンに加えて、新たな翼を手に入れた蛍橋は、以前にもましてザイへの敵愾心を強めていくのだが──。
ザイとの大空戦に世界中のアニマが大集結!? グリペンがその身を懸けた、次元を越えたもう一つの物語。

夏海 公司[ナツミ コウジ]
著・文・その他

遠坂 あさぎ[トオサカ アサギ]
イラスト

内容説明

バディを撃墜され、F‐15Jから降ろされた蛍橋三等空尉。失意に沈む中、彼をスカウトしに技本室長の知寄蒔絵がやってくる。半信半疑で訪れた技本で蛍橋を待ち受けていたのは、複座の軍用機JAS39グリペンと、ポルトガル語を操りペールピンクの髪をなびかせるアニマの少女だった。パートナーの少女グリペンに加えて、新たな翼を手に入れた蛍橋は、以前にもましてザイへの敵愾心を強めていくのだが―。ザイとの大空戦に世界中のアニマが大集結!?グリペンがその身を懸けた、次元を越えたもう一つの物語。

著者等紹介

夏海公司[ナツミコウジ]
兵庫県出身。2007年『葉桜が来た夏』で第14回電撃小説大賞選考委員奨励賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

40
バディを撃墜されF-15Jから降ろされた蛍橋三等空尉。病院で失意に沈む中、彼をスカウトしに技本室長の知寄蒔絵がやってくる第七弾。最初は唐突にも思えた蛍橋三等空尉とグリペンの出会いから始まる物語が、二人の交流と明かされてゆくザイの秘密、そして終盤に判明するエピソードから前巻からの話に繋がる展開にはおおっと思わされました。グリペンは何度も様々な想いや出会いや別れを積み重ねた上で今ここにいるんですね。いつまでも繰り返されている流れをひっくり返そうとする慧の決意からどうなってゆくのか、次巻が楽しみになりました。2016/10/10

Yobata

27
バディを撃墜され、戦闘部隊から降ろされた蛍橋三等空尉に技本室長の地寄蒔絵が新型兵器ドーターのパイロットとしてスカウトにやって来る。ザイ打倒に燃える蛍橋にとって当初アニマ・グリペンは兵器の一部だったが、だんだんと心を交わすようになり…。グリペンと蛍橋三尉のドーターを巡るもう一つの物語である今回の話は本編での過去,パラレルワールドとどの軸に当てはまるのか…突然に始まってどんどん進んでいくから戸惑う所もあったけれど、グリペンと蛍橋が心を通わしていく単体の話としても,本編との繋がりとしての話としてもよく練られた→2016/10/08

わたー

25
★★★★★ザイ殲滅に並々ならぬ執着をみせ、味方殺しとまでよばれた蛍橋三等空尉がペールピンクの髪の少女グリペンと出会うことから始まる物語。なぜ、蛍橋とグリペンがコンビを組んでいるのか、前巻の1000年前のイーグルはどうなったのか…薄々、展開は予想できていたが、こうも見事に纏めあげられると言葉もでない。ザイの正体と目的、そして、グリペンが歩んできた果てしないループ。これまで焦らされてきただけに、ことの真相とその対処法が胸に突き刺さる。時間の檻に囚われたグリペンを慧がどう救うのか、次巻以降が楽しみだ。2016/10/30

中性色

24
ループ&ループ。もともとの素地としてはあったけど、今回はSF要素とその手によくありがちなループ話。いままでぼやけてた話がきっちり輪郭が出てきたといえる。ただ、これはこっちの問題だけどこの手のSF話ってあんまり読まないので、どこをウィークポイントにして読めばいいか地味にわからないぐらいだが。話として、ここが中盤か終盤かでも展開が分かれそうだな。個人的にはライノが好み2019/04/07

AKF-ZERO

22
アニメ放送前に積読消化。えっ?なんでライノが表紙なの!? ・・・あー、なるほど、そういう事なら納得。真っ当なライノを見れたのは良かったですが、その反動か今度はイーグルが酷い目に。グリペンが行ってた繰り返しは他のアニマや人間には到底耐えられそうにありません。アニマであるグリペンの、慧への想いがあったからこそ成し得てきた時間稼ぎ。けどこうまでして明華が報われないのが余りにも可哀想。ハッ!?もしや明華やファントムを加えたハーレムルートにこそ唯一人類を救える鍵が!?2018/09/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11197440

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。