電撃文庫<br> 狼と羊皮紙―新説 狼と香辛料

個数:
電子版価格 ¥346
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

電撃文庫
狼と羊皮紙―新説 狼と香辛料

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月23日 09時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 327p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784048923569
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

ホロとロレンスの娘、ミューリの物語が、ついに開幕!『狼と香辛料』、ついに新シリーズ開幕!
ホロとロレンスの娘ミューリの旅の物語。

聖職者になる夢を志す青年コルは、恩人のロレンスが営む湯屋『狼と香辛料亭』を旅立つ。ウィンフィール王国の王子に誘われ、教会の不正を正す手伝いをするのだ。そんなコルの荷物には、狼の耳と尻尾を有した美しい娘ミューリが潜んでおり――?
かつて賢狼ホロと行商人ロレンスの旅路に付き添った放浪少年コルは青年となり、二人の娘ミューリと兄妹のように暮らしていた。そしてコルの旅立ちを知ったお転婆なミューリは、こっそり荷物に紛れ込んで家出を企てたのだ。
『狼』と『羊皮紙』。いつの日にか世界を変える、二人の旅が幕を開ける!

支倉 凍砂[ハセクラ イスナ]
第12回電撃小説大賞〈銀賞〉受賞者。代表作は『狼と香辛料』(電撃文庫)。

文倉 十[アヤクラ ジュウ]
『狼と香辛料』(電撃文庫)、『理想のヒモ生活』(ヒーロー文庫)等、話題作のイラスト多数担当。

内容説明

聖職者を志す青年コルは、恩人のロレンスが営む湯屋『狼と香辛料亭』を旅立つ。ウィンフィール王国の王子に誘われ、教会の不正を正す手伝いをするのだ。そんなコルの荷物には、狼の耳と尻尾を持つ美しい娘ミューリが潜んでおり―!?かつて賢狼ホロと行商人ロレンスの旅路に同行した放浪少年コルは青年となり、二人の娘ミューリと兄妹のように暮らしていた。そしてコルの旅立ちを知ったお転婆なミューリは、こっそり荷物に紛れ込んで家出を企てたのだ。『狼と香辛料』待望の新シリーズは、ホロとロレンスの娘ミューリが主人公。いつの日にか世界を変える、『狼』と『羊皮紙』の旅が始まる―!

著者等紹介

支倉凍砂[ハセクライスナ]
1982年12月27日生まれ。第12回電撃小説大賞“銀賞”受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

岡本

117
安定の面白さ。前作「狼と香辛料」の世界観でありながら前作とは全く違う性格の2人。コル坊は成長して賢くなったんだなーと思ったのも束の間、いつまで経ってもコル坊だなーと思ったり。ホロ一族は代々嫁が強い家系になりそう。次巻も期待!2017/07/15

スズ

84
腐敗した教会勢力とそれを糾弾するウィンフィール王国の火種が燻る時代。聖職者となり教皇の悪逆を正そうと決意した青年コルは、親代わりだったロレンスとホロに別れを告げニョッヒラを旅立つが、彼らの娘ミューリが荷物の中に密かに潜んでいて…。父親譲りの銀色の髪と母親譲りの美しい毛並みの尻尾と耳がお気に入りで、コルの事が大好きなお転婆娘ミューリと、立派な青年に成長したコルが北の港町で聖典の翻訳に関する事件に遭遇するロレンスとホロの「子供達」の物語の第一巻。ロレンスとホロと共に旅をした子供の頃の記憶を誇りに思うコルが最高2018/03/15

た〜

69
ホロとロレンスの娘ミューリと成長したコルのお話。今回は宗教をめぐる心理戦。1巻目からかなり高度な応酬。コルはいい感じに成長していたりいなかったりだけれど、ミューリは可愛いながらもインパクトの面ではホロや(マグダラの)フェネシスに及ばないかな。次巻以降もっともっとコルを振り回してくれるよう期待します2016/09/12

中性色

63
またいろいろな意味で苦労しそうな娘が……。というわけで新章という名の延長戦。一応、途中の姿までは見せていたけれど、本編では少年だったコルが青年になってるというのも時代の流れを感じさせる。ミューリは母親と比べると、馬鹿だけどその分真理を突くときは鋭いといった具合かな。しかし、手紙だけで向こうの姿がわかりやすいな。しいていうなら絵のつながりを考えたら読む順番逆にしたほうがよかったのかもしれない2016/09/19

チェシャ猫

62
これまでとは違って、商人ではなく神の僕としての解決法と言った感じなのかな。ハイランドの正体はまぁ直ぐ分かるとして、これまた何処かの古代のものの末裔かなと思ってました。コロがミューリの思いをまったく気付いてなかったのが意外。これからの新しい旅と戦いが楽しみですね。最後は新しい宗教(教義)でも作って宗教者でも結婚を有りにするのか、諦めてニョッヒラに戻るのか、どうなるんでしょうか。2017/02/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11173921

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。