電撃文庫<br> ヘヴィーオブジェクト 一番小さな戦争

個数:
電子版価格 ¥759
  • 電書あり

電撃文庫
ヘヴィーオブジェクト 一番小さな戦争

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年09月28日 17時39分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 425p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784048923538
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

鎌池和馬が贈る近未来アクション最新刊!!鎌池和馬が贈る近未来アクション!
クウェンサーを「おにーちゃん」と慕う幼女エリートが登場!

「あー…やっぱり今年はビキニだよなあ」
舞台は地中海に浮かぶ人工浮揚島セカンドヴェニス。水着ライブを控える情報同盟のアイドルエリート・おほほと共闘し、正統王国第三七整備大隊が挑むのは真夏のリゾート地に降り注ぐという衛星投下兵器『スーパーノヴァ』の撃墜任務だった。
そんな中、新たな仲間としてチームに加わるのは、かつてフライド評議員から救出した若干一二歳の操縦士エリート、キャスリン=ブルーエンジェル。エリートを引退して一般生活に戻りたいと願う彼女は、民間順応化支援制度でクウェンサーと行動を共にする。
金髪三つ編み幼女キャスリンに「おにーちゃん」と慕われるクウェンサーは、ショッピングモールで水着選びとお気楽ムード。だが、思わぬ展開の連続で事態は急変。壊滅したセカンドヴェニスで、災害救助活動に従事する長い七日間が始まる――。
近未来アクション!

鎌池 和馬[カマチ カズマ]
電撃文庫『とある魔術の禁書目録』『ヘヴィーオブジェクト』『未踏召喚://ブラッドサイン』シリーズ著者

凪良[ナギリョウ]

内容説明

「あー…やっぱり今年はビキニだよなあ」舞台は地中海に浮かぶ人工浮揚島セカンドヴェニス。水着ライブを控える情報同盟のエリート・おほほと共闘し、正統王国第三七整備大隊が挑むのは真夏のリゾート地に降り注ぐという衛星投下兵器『スーパーノヴァ』の撃墜任務だった。そんな中、新たな仲間としてチームに加わるのは、かつてフライド評議員から救出した若干12歳の操縦士エリート、キャスリン=ブルーエンジェル。黒ビキニで金髪三つ編み幼女のキャスリンに「おにーちゃん」と慕われデートを満喫するクウェンサーだったが、思わぬ展開の連続で事態は急変。壊滅したセカンドヴェニスで、災害救助活動に従事する長い七日間が始まる―。近未来アクション!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

スズ

63
フライド議員の私兵であったエリートの少女・キャスリンの教育係を務める事になったクウェンサー。そんな中、リゾート地に落下する衛星兵器の迎撃を、正統王国・情報同盟の二国合同で行う事になり…。迎撃の際の衝撃波等で半壊した都市で、十三万の避難民への食料配給を行い、餓死への刻限が迫る正統王国軍、事態の混沌化を狙う資本企業、何故か海上封鎖を行う情報同盟、謎のウイルスをばら撒こうとする信心組織の四大勢力の陰謀が交差した巻。大切な人を守るために戦うキャスリンと、彼女を救うために立ち上がった第三七機動整備大隊の面々が熱い!2017/01/31

Yobata

27
地中海に浮かぶ人口浮揚島セカンドヴェニスに降り注ぐ衛星兵器破壊を目的に逗留していたクウェンサー達。その中でかつて救出した12歳のエリート・キャスリン=ブルーエンジェルの世話をすることになったクウェンサーだったが、思わぬ災害が島を席巻し長い七日間が始まる…。クウェンサーを"おにーちゃん"と呼ぶキャスリン回。衛星,さらには小惑星落下による島の崩壊に殺人カビの感染とバイオ的な危機的状況の中、幼女なキャスリンは持ち前の陽気さでクウェンサー達を振り回してと、可愛らしさを出してたけど、やはりエリートということも→ 2016/09/10

サンゴ

16
クウェンサー父格好いい2016/09/14

わたー

15
感想埋め。フライド評議員の元私兵だったエリート、キャスリンがクウェンサーの妹になったでゴザル。これまで様々なジャイアントキリングを成し遂げてきた彼が、たった一人の少女を助けるために奔走する姿は、どこまでも彼らしくて良かった。ラストのオチも含めて最高だったが、お姫様の心情を考えるとムムム…2016/10/05

ゆーしー

9
読書欲に燃料を投下しようと思ったら、やはり手に取るのは「読む速度に伴う疾走感」と「のめり込める世界」の二つを併せ持った本に限ります。そうした観点から選ぶと、やはりライトノベルが強くなってきます。「頭を使わずに、沈むように物語に入っていく」という感覚は麻薬に似たものがあるのかもしれません。 今回のお話は、新しい陰謀も出てきてさらに面白くなってきたと思います。そろそろ4大勢力が主人公二人に対してうまく交錯してきてほしいところ。2018/10/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11174146

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。