電撃文庫<br> ストライク・ザ・ブラッド〈6〉錬金術師の帰還

個数:
電子版価格 ¥649
  • 電書あり

電撃文庫
ストライク・ザ・ブラッド〈6〉錬金術師の帰還

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月25日 23時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 311p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784048914079
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

中等部の修学旅行で本土に行くことになった雪菜たち。その間、彼女の監視から解放されると知って喜ぶ古城と複雑な雪菜。そんな古城たちの前に現れたのは、天塚汞と名乗る錬金術師だった。封印された錬金術の至宝―液体金属生命体“賢者の霊血”を復活させるため、“魔族特区”各地で襲撃を繰り返す天塚。そして“賢者の霊血”の暴走に巻きこまれた浅葱を待ち受ける悲劇とは…!?世界最強の吸血鬼が、常夏の人工島で繰り広げる学園アクションファンタジー、待望の第六弾。

著者等紹介

三雲岳斗[ミクモガクト]
大分県出身。第5回電撃小説大賞“銀賞”受賞作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

そのぼん

63
シリーズ第6弾。今回は雪菜や凪沙たちが修学旅行に行くことになって・・・というお話でした。溶けた金属の様に変幻自在に体が変化する・・・ってのは、ちょっと『ターミネーター』を思い出しました。・・・って、古いですかね(苦笑)。2016/01/13

Susumu Miki(Dik-dik)

46
アニメ化されたのはこの巻までだったかと。「ニャンコ先生」登場巻。大錬金術師ニーナさん、アニメではビジュアルがありましたが原作ではイラストは無し。本巻でも浅葱さんは不憫(古城くんからもらったピアスをなくす、胸に穴が開いて死にかける、etc.)なのです。中学生組は船で絃神島を離れてワクワクモードになるも、いろいろと大変な目にあってますね。煌坂さんが、ニセ煌坂さんも含めてすっかりいじられキャラになっているのもやはり不憫。敵前に文字通り「撃ち込まれる」とか、古城くんも不憫。そして撃ち込むラ・フォリアは鬼畜(笑)。2015/11/13

コリ

44
正妻である雪菜含め中学生ヒロインズが修学旅行のため不在ということで、とうとう浅葱にスポットが!…と思ったら予想以上に損な役回りばかりで相変わらず不憫だった。だけどそんな所も可愛いので尚更応援してあげたくなるんだよなぁ(笑)今回も新たな眷獣が登場。毎回期待を裏切らないド派手さと強力無比っぷりが痛快。当初は眷獣の数だけヒロインが必要かと思ったけどそうでもないのかな?とはいえヒロイン候補はまだまだ居るしどうなるかわからないか。まぁなんだかんだいって雪菜がダントツで可愛いのは変わらないんだけど(笑)2013/02/11

Yobata

39
雪奈,凪沙,夏音たち中学生は修学旅行で本土へ行く事に。その際、第四真祖の監視という役回りが弊害になるがその期間は監視役を解任される事に。息抜きになると古城に諭されるが、その態度に複雑になる雪奈。そんな最中、絃神市に進入して来た大錬金術師の弟子・天塚汞は叶瀬賢生を襲撃し、錬金術の至宝“賢者の霊血”を復活させる為、各地で暴動を起こす。それに巻き込まれた浅葱は…。そして天塚の次の標的は夏音と雪奈だった。天塚の真の目的を止める為、古城は本土へ向かう船に降り立つ。今回の敵は鉄塔徹尾暴虐無人のクソ野郎だったので→2013/05/24

中性色

38
今回はラノベ及び創作物での代表的存在ともいえる(?)錬金術師のお話。2・3巻あたりでは毎巻ごとに誰かの血を吸うのかと思ってたけど(いや、字面的には間違ってないけど)これで雪菜だけで3回目か(ちなみに紗矢華が2回)ただ、まだ吸われてないキャラに関しても今更感が出てくる可能性もあるし、それなら今後の新キャラでってことなのかなぁ。アイスで幸せになっている夏音は可愛かったけど、物語の背景や伏線の割にはあっさりとした内容だったかな。しかしこんだけいろいろ起こってるのになんも不思議に思わない一般人たちの方が凄いのでは2014/09/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6411363

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。