笑顔で生きる魔法の言葉

電子版価格 ¥1,296
  • 電書あり

笑顔で生きる魔法の言葉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 182p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784048850681
  • NDC分類 782.3
  • Cコード C0095

内容説明

言葉が人生を変えてくれる。まったく芽が出ない時、思い悩んだ時…「Qちゃん」を支え続けた言葉の宝石箱。

目次

1 頑張りたいとき―背中を押してくれる言葉、人を育ててくれる言葉(「“ちょっとだけ頑張る”ことを、毎日続けてみよう」;「選手としての素質はないけれど、お前には“頑張る”素質があるんだよ」 ほか)
2 大変なとき、うまくいかないとき―自分を支えてくれる言葉(「カミソリのような選手より、ナタのような選手になれ」;「私は監督の人形になる」 ほか)
3 常に前を向いて進んでいくために―自分を戒めるための言葉(「自分の殻をつくるな」;「ぶれない力の身につけ方」 ほか)
4 明るい気持ちになれる―可能性を感じさせる言葉(「すごく楽しい42キロでした!」;「試合の日も、それまでの練習の一環だと思えばいい」 ほか)

著者紹介

高橋尚子[タカハシナオコ]
スポーツキャスター、マラソン解説者。1972年5月6日生まれ、岐阜県出身。中学から本格的に陸上競技を始め、県立岐阜商業高校、大阪学院大学を経て実業団へ。98年名古屋国際女子マラソンで初優勝、以来マラソン6連勝。2000年シドニー五輪金メダル、01年ベルリンマラソンでは世界最高記録(当時)を樹立。08年10月現役引退を発表。00年に国民栄誉賞を受賞。現在は「高橋尚子のスマイルアフリカプロジェクト」や環境活動、JICAオフィシャルサポーターとしても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「ちょっとだけ頑張る」ことを、毎日続けてみよう!

「すごく楽しい42キロでした!」シドニーでのレース後に、笑顔と共に発した言葉。マラソンという過酷なスポーツ競技者として自分を支え続けた言葉、そして高橋尚子という人間をつくり上げた恩師、両親の言葉。