• ポイントキャンペーン

浄土の帝

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 411p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784048736060
  • NDC分類 913.6

内容説明

末法の世、平安時代末期。貴族たちの権力抗争は、皇位継承をめぐる骨肉の対立と結びつき、頂点に達しようとしていた。父・鳥羽院の崩御を機に噴きあがった戦乱は、容赦なく帝をも巻き込み、標的とされた兄・崇徳院は敗れ、配流となる。朝廷が、帝が、権力を失ってゆくなか、天子としてこの国に在るために、求められること、必要なこととは何か。理想の帝王像に苦悩する後白河帝は、ひとつの決断を下す…。

著者紹介

安部龍太郎[アベリュウタロウ]
1955年福岡県生まれ。国立久留米高専卒業後、作家を志して上京。図書館勤務等の傍ら作品を発表し、小説家に。89年から1年間、「週刊新潮」に連載した「日本史血の年表」(90年、『血の日本史』と改題し刊行)で衝撃的なデビューを飾る