ゼブラーマン

電子版価格 ¥1,296
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ゼブラーマン

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 162p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784048735216
  • NDC分類 912.7

内容説明

32年前、ヒーロー番組「ゼブラーマン」の放送は低視聴率のため第7話で打ち切られた…。そして2010年、東京都八千代市。50センチの巨大ザリガニが大発生し野鳥が変死を遂げアゴヒゲアザラシ1万頭が川を上り、その昔UFOが墜落したらしい街。それでも平凡な八千代市に、突如異変が起こる。正義のヒーローが現れ、宇宙人と戦いはじめたのだ!ヒーローの正体は小学校教師・市川新市。子供の頃に見た番組「ゼブラーマン」に夢中になるあまり、自分でコスチュームを作り、ついにはそれを着て夜中にコッソリ街に出る。そのたびなぜか怪しいヤツらと出くわし、必ず乱闘に…。新市はまったく気づいていないが、怪しいヤツらの正体は、地球侵略を目論む宇宙人が人間に寄生した姿だったのだ。

目次

ゼブラーマン
対談・哀川翔&宮藤官九郎

著者紹介

宮藤官九郎[クドウカンクロウ]
1990年より松尾スズキ主宰の「大人計画」に参加。舞台「溶解ロケンロール」以降、俳優として活躍すると共に、「ウーマンリブ」シリーズで自ら作・演出も手がける。テレビドラマ「池袋ウエストゲートパーク」で脚本家として脚光を浴び、「木更津キャッツアイ」では、平成14年度芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。「ロケット・ボーイ」「ぼくの魔法使い」「マンハッタンラブストーリー」などのドラマ脚本のほか、「TV’S HIGH」「笑う犬の太陽」などのバラエティの構成に参加、放送作家としても活躍。映画脚本としては日本アカデミー賞最優秀脚本賞の『GO』をはじめ、『ピンポン』『木更津キャッツアイ日本シリーズ』『アイデン&ティティ』『ゼブラーマン』のほか、『ドラッグストア・ガール』『69』が現在待機中。パンクコントバンド「グループ魂」では構成と「暴動」という名でギターを担当、2002年にはアルバム『Run魂Run』でメジャーデビューを果たす