• ポイントキャンペーン

空から降る一億の星

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 350p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784048733946
  • NDC分類 913.6

内容説明

三田の女子大生殺害事件を発端とする一連の殺人事件で、刑事・堂島完三(明石家さんま)は、コック見習いの片瀬涼(木村拓哉)に目をつける。彼には、見たものを一瞬にして記憶する特殊な才能があったのだ。完三の妹・堂島優子(深津絵里)は、西原グループの令嬢で彼女の親友の美羽とつきあっていた涼に、しだいに惹かれていく。不思議なことに、涼と優子には、同じような火傷の跡があった。第二、第三の事件が発生し、失われていた涼の記憶のパズルが、ひとつひとつ合わさっていく。そして、そこに浮かび上がってきたのは、思いもよらない真実だった…。衝撃のラスト!完全ノベライズ。

著者紹介

北川悦吏子[キタガワエリコ]
1961年12月24日生まれ。シナリオライター。エッセイや作詞の分野でも人気を集めている

出版社内容情報

心に闇を持つコック見習いの涼(木村)が、財閥の娘の誕生パーティで出会う。そこには、財閥の娘の友達優子(深津)と優子の兄で刑事の堂島(堂島)も居合わせた。彼は女子大生幸人事件を追っていた