タブレット革命―iPad登場でわかった“板型PC”の破壊力

個数:
  • ポイントキャンペーン

タブレット革命―iPad登場でわかった“板型PC”の破壊力

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 23時03分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 191p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784048688611
  • NDC分類 007.6

内容説明

2010年は、iPadに続き、アンドロイドやウィンドウズを搭載した「タブレットコンピューター」が続々登場する、まさに「タブレット元年」。「読めて」「180度オープンで」「指でそのまま操作できる」デバイスは、ビジネスと生活のすべての局面を一新する!マスメディアの「プッシュ」、グーグルの「プル」に続く、SNSによる「テル」の時代にフィットする初めてのデバイスの登場だ。

目次

序章 iPadとは何か?タブレットとは何か?
第1章 グーグル時代の最終兵器、SNS時代の申し子
第2章 180度のコミュニケーション
第3章 「紙」から「デジタル」へ、読書体験の転換
第4章 クラウドを操るノマドワーク
第5章 アプリは経験のダウンロード
第6章 タブレットラーニングで学びが変わる
第7章 コンピューターのある生活が変わる

著者紹介

松村太郎[マツムラタロウ]
1980年、東京・渋谷生まれ。ジャーナリスト・企画・選曲。2003年慶應義塾大学環境情報学部卒業後、2005年慶應義塾大学政策・メディア研究科修士課程修了。現在、慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)として、モバイル&ソーシャル、サステイナビリティとノマドをテーマに研究を続ける。同時にビジネス・ブレークスルー大学講師を勤め、嘉悦大学でも教鞭を執る。2007年にキャスタリアに取締役研究責任者として参画、「ソーシャル・ラーニング」と「デジタル・アイデンティティ」をテーマとした特許を2009年に取得し、モバイル環境と新しい学びのスタイル「iUniv」の開発とビジネス化に取り組む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)