アスキー新書<br> 映画式まんが家入門

個数:
  • ポイントキャンペーン

アスキー新書
映画式まんが家入門

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月05日 12時23分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 286p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784048685627
  • NDC分類 726.1

内容説明

日本のまんが表現は「映画的手法」にもとづく―当たり前に受け入れられてきたこの認識は、どのように成立したのか?「まんが」と「映画」の歴史を自在に参照しながらそのプロセスを追い、両者の関係を検証していく。石森章太郎『竜神沼』を映画化する誌上ワークショップも収録。大塚英志創作入門シリーズ第3弾。

目次

日本のまんが表現は何故「エイゼンシュタインみたい」なのか
第1部 まんがはいかにして映画になろうとしたか(「映画的まんが」から「舞台的まんが」へ;まんがの「文化映画」化とモンタージュの発生;手塚治虫は『桃太郎 海の神兵』をどう観たか;ディズニーとエイゼンシュタインを「野合」させた男 ほか)
第2部 映画式まんが家入門 実践編(「竜神沼」はいかにして「映画」になろうとしたか;映画式まんが家入門ワークショップ)

著者紹介

大塚英志[オオツカエイジ]
1958年生まれ。まんが原作者、批評家。『「捨て子」たちの民俗学』(第五回角川財団学芸賞受賞)などがある。神戸芸術工科大学教授、東京藝術大学大学院兼任講師。芸術工学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)