電撃文庫<br> ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド

個数:
電子版価格
¥649
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

電撃文庫
ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月24日 00時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 360p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784048677608
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報



川原 礫[カワハラ レキ]
著・文・その他

abec[アベシ]
イラスト

内容説明

クリアするまで脱出不可能、ゲームオーバーは本当の“死”を意味する―。謎の次世代MMO『ソードアート・オンライン(SAO)』の“真実”を知らずにログインした約一万人のユーザーと共に、その苛酷なデスバトルは幕を開けた。SAOに参加した一人である主人公・キリトは、いち早くこのMMOの“真実”を受け入れる。そして、ゲームの舞台となる巨大浮遊城『アインクラッド』で、パーティーを組まないソロプレイヤーとして頭角をあらわしていった。クリア条件である最上階層到達を目指し、熾烈な冒険を単独で続けるキリトだったが、レイピアの名手・女流剣士アスナの強引な誘いによって彼女とコンビを組むことに。その出会いは、キリトに運命とも呼べる契機をもたらし―。個人サイト上で閲覧数650万PVオーバーを記録した伝説の小説が登場。

著者等紹介

川原礫[カワハラレキ]
『アクセル・ワールド』で第15回電撃小説大賞“大賞”受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 4件/全4件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

446
巷で有名なソードアートオンラインをやっと読み終えたが、ネトゲの発展版としてとても面白く読めた。似たようなシナリオでバルドシリーズもあるが、そっちはネットと現実を行ったり来たりするのにたいし、ソードアートオンラインは現実に帰るために戦うという設定が良かったな。しかしネット以外の人物が出てこないのもすごいなと思った。続きはどうなるんだろうか?2015/07/28

海猫

375
現在放送中のアニメを見て内容は知っていても展開がキビキビしていてあっという間に読めた。面白い。2012/12/19

くろり - しろくろりちよ

194
仮想大規模オンラインロールプレイングゲーム・VRMMORPG≪ソードアート・オンライン≫の世界アインクラッドに捕らえられた約一万のユーザー。ゲーム内での死はそのまま現実の死を意味する。クリアを目指す攻略組、その中でもトップクラスのソロプレイヤー・キリトとアスナ。仮想空間で二人は出逢い、恋し、守り合い、結婚して、また戦場へ…。ラブとファンタジーがぎっしり詰まった本は楽しくて切なくて夢中になって。展開早いのが勿体ない…もっと引っ張れるのに!この本から帰りたくなくなるくらいの夢。続き、どうなるんだろう。 2012/06/02

ひめありす@灯れ松明の火

187
先に『アクセルワールド』を読んでいたので、こちらにも手を出してみました。普段殆どゲームとかしないので、王道のボーイミーツガールでファンタジーとして読む。川原さんは本当に、ネットゲームとかMMORPGとかが好きで、それに深く関わってこられた方なのだなあ、と思いました。だからこそ、少年の物語の最後に、現実の世界でももう一度戦う為の力を、手段を与えている。現実は何処まで行っても現実で、でもその現実の中にだって何処にだって冒険はある。生きていく事は全部冒険なのだと、そう逆説的に教えられたような気がします。2012/04/17

bookkeeper

127
★★★★★ 再読。フルダイブ型RPGに囚われ、ゲームクリアによる脱出を目指す人々を描く、と解説不要なまでの傑作シリーズの第1巻。 人気が出て続編に繋げられるか分からなかったんだろうけど、この舞台設定とキャラクターで、1冊で一応完結させちゃうのは贅沢過ぎ・勿体なさ過ぎ。そのおかげでプログレッシブを楽しめているんだけど…。 人の死に責任を感じて孤独に身を置くキリトとアスナが少しづつ距離を縮めていく過程が心地よい。 「間に合った…間に合ったよ…神様…間に合った…」このシーンは読む度ゾクゾクする。2018/05/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/569615
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。