電撃文庫<br> 夜桜ヴァンパネルラ〈2〉

電子版価格
¥627
  • 電書あり

電撃文庫
夜桜ヴァンパネルラ〈2〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 253p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784048656795
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

杉井光が贈るイノセント・ヴァンパイア・アクション、第2弾!

『神様のメモ帳の』杉井光が贈るイノセント・ヴァンパイア・アクション!

血を啜る怪物《吸血種》を狩る、もうひとつの組織――浄血官。法を無視して無慈悲な駆除を続ける彼らと、あくまで法を遵守する捜査九課とは激しく対立していた。
そんな折、浄血官が拉致・殺害される事件が発生。恋人を殺されて復讐に燃える女吸血種の存在が浮かび上がる。
捜査九課の美しき《真祖(クドラク)》の少女・倫子とその相棒の一途バカ・紅朗は、復讐者を追い、複雑化する事件の中に迷い込む。やがてたどり着いた哀しい真実の前に、二人が選んだのは――。

内容説明

血を啜る怪物“吸血種”を狩る、もうひとつの組織―浄血官。法を無視して無慈悲な駆除を続ける彼らと、あくまで法を遵守する捜査九課とは激しく対立していた。そんな折、浄血官が拉致・殺害される事件が発生。恋人を殺されて復讐に燃える女吸血種の存在が浮かび上がる。捜査九課の美しき“真祖”の少女・倫子とその相棒の一途バカ・紅朗は、復讐者を追い、複雑化する事件の中に迷い込む。やがてたどり着いた哀しい真実の前に、二人が選んだのは―加速するイノセント・ヴァンパイア・アクション、第2弾!

著者等紹介

杉井光[スギイヒカル]
1978年、東京生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

36
吸血種を狩るもうひとつの組織浄血官所属の志津谷竜胆が登場。浄血官の拉致殺害事件が発生し、恋人を竜胆に殺されて復讐に燃える女吸血種の存在が浮かび上がる第二弾。浄血官との合同捜査という状況で、梨沙のことや自分の立ち位置に苦悩する倫子、吸血種を研究する白大人、そして復讐に燃える女吸血種の因縁。自分一人で何とかしようとする倫子をいろんな意味で救っていた紅朗が今回大活躍でしたね(途方も無いバカだけどw)周囲の助けで少しずつ変わりつつある倫子の意識と、まだ救いが感じられる展開には正直ホッとしました。次巻も楽しみです。2016/01/09

Yobata

34
「キングダム」の件で、捜査九課とは別に吸血種を狩る組織である特別防疫局の浄血官と合同捜査となるも、吸血種を狩ればいいという無法概念の浄血官とは激しく対立してしまう。その中で浄血官の拉致殺害事件が起こり、梨沙が潜り込んでいた場にその悲しき復讐者である犯人がいて…。浄血官回。勘で吸血種を見分け,結果が良ければそれでいいという横暴な考えの浄血官と合同捜査になって、今までは吸血種として忌み嫌ってたのに、警察官としての仲間意識を問われるも確かに今更…と倫子が思うのはわかるけど、梨沙,霧子の行方を探し出す所は→2016/01/09

Susumu Miki(Dik-dik)

24
対犯罪には「捜査」が必要ということで法の下での吸血種への対応には警察の捜査九課が当たるけど、「人間に害をなす生物種は処分する」って特防局のスタンスだと「浄血官」って職種が生まれるわけですね。新キャラの志津谷竜胆はなかなか強烈だなあ。いわゆる政府管理下のヴァンパイア・ハンターってことか…。紅朗、キミは頑張っているよ。バカだけど…(笑)。← 褒めてます2016/03/02

ナカショー

21
紅郎のバカさ加減がいい感じで周りをかき回して、いい感じでした。紅郎と倫子はこれからも最高のコンビであり続けて欲しいですね。新キャラも良い感じに尖っていて非常に面白かったです。次巻も楽しみです。2016/03/17

真白優樹

19
無慈悲な断罪者達を狙う哀しき女復讐者と戦う今巻。紅郎は相変わらずボケたバカだがその内凄く強くなったりするような気が。今回は自分達の正義に基づき容赦なく殺す断罪者達や好奇心の化物達自分の方向に突っ走って暴走している奴らが登場し、断罪者に殺された吸血鬼の恋人が復讐者として現れる。・・あくまでも自分達の正義に基づき戦う不器用な剣豪、憎しみは続き悲劇の引き金は引かれかねない状況へ。そんな状況を基本を突く事で何とか止めて見せた紅郎って実は結構すごいやつなのではないだろうか。この先どうなるのか。 次巻も楽しみである。2016/01/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10201870
  • ご注意事項