電撃文庫<br> ドウルマスターズ〈3〉

個数:
電子版価格 ¥627
  • 電書あり

電撃文庫
ドウルマスターズ〈3〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 292p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784048656597
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

『魔法科高校の劣等生』の著者による本格ロボットアクション!

『魔法科高校』の佐島勤が贈る、ロボットアクション最新刊!
再び舞台は地球上でのドウル戦へ――!

早乙女蒼生は地球に降下した。
そして、死んだはずの親友、龍一が乗る最新型ドウル『マクリール』と交戦する……。
西暦2400年代。世界は『太陽系連盟』に掌握されていた。『思念の力』を拡張させ、物理的な戦闘力へと変換する人型機動兵器『ドウル』のパイロットである蒼生とその姉・朱理、そして蒼生の想い人・玲音の三人は、宇宙を経て、地球に戻ってきていた。
海上に浮くメガフロート上で、訓練機『ヤクシャ』を駆り地上訓練に励む蒼生たち。玲音との交流も増え、自身の恋心を再確認する蒼生だった。
数日後。敵が襲来する。現れたのは、水中戦に特化した蒼穹色のドウル『マクリール』。宇宙でも『ソフィア』を手玉にとった恐るべき機体である。蒼生と玲音も訓練機で応戦するが……蒼生の大切な仲間が、マクリールの毒牙で命を落とす……!

内容説明

早乙女蒼生は地球に降下した。そして、死んだはずの親友、龍一が乗る最新型ドウル『マクリール』と交戦する…。海上に浮くメガフロート上で、『ヤクシャ』を駆り実機での地上訓練に励む蒼生たち。玲音との交流も増え、自身の恋心を再確認する蒼生だった。数日後、敵が襲来する。現れたのは、水中戦に特化した蒼穹色のドウル『マクリール』。宇宙でも『ソフィア』を手玉にとった恐るべき機体である。蒼生と玲音も訓練機で応戦するが…蒼生の大切な仲間が、マクリールの毒牙で命を落とす…!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スズ

31
ドウルの地上戦訓練の為、砂漠・海中といった多様な環境での戦闘訓練に励む蒼生達は、宇宙民が出産・育児を行う為の海上都市ナーサリーフロートに逗留する事に。一方、ゲノムスはとある実験の為、新型機マクリールを操る龍一を乗せた空中母艦ナグルをフロートへと向かわせるが…。舞台は宇宙から海へと移り、宇宙空間では活躍出来る機体も海中戦特化の機体に翻弄されたりと、戦闘環境によって機体の良し悪しがハッキリするのが好き。玲音とマユリの気心が知れた姿にクスッとしましたが、終盤の玲音の嗚咽と後悔には息がグッと詰まりました。2021/04/18

Yobata

25
海上に浮かぶメガフロートであるナーサリーフロートで龍一を失ったと嘆く蒼生は訓練を積んでいた。そこにゲノムスのマクリールが襲来し、水中戦での圧倒的な性能を見せつける…。ついにゲノムスの龍一とソフィアの玲音,朱理,蒼生の戦いが本格化する出だしで早々に戦死者か…龍一が寝返ってるだけで感情面が歪んでいきそうな物語なのに、犠牲者が早々に出るとはさらにドス黒くなりそうだな…。龍一が亡くなったことに対する自身の不甲斐なさに蒼生は自己鍛錬にのめり込み、玲音は知人を亡くし,その目に狂気を宿す…訓練仲間も今やバラバラで→2016/01/09

まるぼろ

14
さて今巻は訓練の一環で地球に降りた蒼生達が玲音やマユリの生まれ故郷でもあるナーサリー・フロートにてマクリールと対峙する話です。今回文字通りにインドラに乗っていなかったと言う事もあるんでしょうが、蒼生が徐々に余裕が無くなって来ているように読めて少し心配になりました。状況が状況とはいえマユリさんの事はただただ残念です…。玲音もマユリさんを失って心が乱れ気味ですかね。そんなマクリールと龍一が所属するゲノムスの台頭に対処すべくヴァルナを擁する7番艦ティアマトが討伐に当たる事になり…どう話が進むか次巻も期待です。2016/03/17

ヤギ郎

14
シリーズ第三巻。戦闘シーンが多めかな(そうでもないかも・・・)。次巻に引き継ぐような展開で終わっている。次巻がいつでるだろうか・・・。(巻末にある『魔法科高校の劣等生』の「ウソ」の次回予告を一度信じてしまった自分がいる。これも発売されるとうれしいな)2016/01/18

METHIE

12
ある意味一番面白いのは「後書きを書くのが苦手です」とウソ次回予告だろう。 恐ろしく堅実に人間ドラマをやっているというかいつ覚醒するのか楽しみ。2016/01/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10201900
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。