電撃文庫<br> マンガの神様〈3〉

個数:
電子版価格
¥759
  • 電書あり

電撃文庫
マンガの神様〈3〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 312p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784048655477
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

アイドル漫画家が登場!? 第21回電撃小説大賞〈銀賞〉受賞作第3弾!

超人気アイドル夜桜と楪葉が連載移籍を賭けてマンガ勝負。
今度は楪葉がスランプ!?な第3巻!!

「――私はこの手であなたをぶっ潰すつもりですので、よろしくお願いします」
アイドル兼漫画家の夜桜と天才高校生漫画家・楪葉が、雑誌の売上で勝負することに! 負けたら連載移籍だって!?
握手券にグラビア表紙と、アイドル効果で売上を伸ばそうと目論む夜桜陣営に対し、「もちろん負けるつもりはありません」と答える楪葉。僕はなんの心配もしていなかったが、なぜか自信を失っていった楪葉は、漫画をやめるなんて言い出す始末。これは天才高校生漫画家である僕の出番だな。――この勝負、勝つぞ楪葉!

内容説明

国民的アイドル兼漫画家の夜桜と超人気高校生漫画家の楪葉が、雑誌の売り上げで勝負することに!負けたら連載を移籍するだって!?イベント抽選券にグラビア表紙と、アイドル効果で売り上げを伸ばそうと目論む夜桜陣営に対し、「もちろん負けるつもりはありません」と答える楪葉。僕はなんの心配もしていなかったが、なぜか自信を失っていった楪葉は、漫画をやめるなんて言い出す始末。ふっ、これは天才高校生漫画家である僕こと左右田伊織の出番だな。―この勝負、勝つぞ楪葉!

著者等紹介

蘇之一行[ソノカズユキ]
『マンガの神様』シリーズでデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

29
超人気アイドル兼漫画家で幼馴染でもある夜桜と天才高校生漫画家・楪葉が、楪葉の連載移籍を賭けて雑誌の売上で勝負する第三弾。さりげなく水着回でしたが、アイドル効果で売上を伸ばそうと目論む夜桜陣営に対し、杜若王子郎であることに葛藤し自信を失ってゆく楪葉。幼馴染である二人の想いや、売上とマンガそのものの面白さといったテーマも交えつつ、これまで孤独だった楪葉が仲間を得たからこその迷いでもあり、彼女を支えてくれる存在がいたから乗り越えることができた。そんな成長が感じられるストーリーがとても良かったです。次巻も楽しみ。2015/11/11

ナカショー

24
大人気アイドルの夜桜が、楪葉の雑誌移籍をかけて漫画バトルをすることになるが、楪葉がスランプに陥ってしまう第3巻。冒頭の日芽のウンコ発言には笑ってしまった。楪葉がスランプに陥ったけどそれでも伊織は立ち直ると信じて漫画を書き続ける姿は信頼しているからこそできるものだからすごく印象的でした。次巻も楽しみです。2017/04/03

中性色

22
これ媒体をラノベにしたらそのまま通じるんじゃなかろうか。まぁ、王道といえば王道というか。今回は創作界隈における課題でもあり問題でもある売り上げについての話。まぁ、視点の描き方からしてもライン寄りになってしまうからか、氷室もそうだが夜桜もまた売り側の思考から抜け出せてないように感じる。ちゃんと読めば違うって分かるけど。当初は勝ったついでに編集長が逆に夜桜をよこせでも言うのかと思ったが。あと、なんとなくだけどキャラの性格が出来上がっちゃってる感がしちゃうんだよな。その中で、日芽が一服の清涼剤になってたり2015/11/15

まるぼろ

21
夏休みに入り初の連載に向けてライン編集部に向かった伊織だったが、そこに週刊少年タイム編集長の氷室小路と先日超人気アイドルでありながらタイムで漫画家デビューした東雲夜桜が現れて、しかも楪葉を賭けて雑誌の売り上げ対決に発展し…と言うお話。今巻も面白かったです。ただ合宿回でもあったけどそこは薄かったかな、と。楪葉と夜桜の対決とそこから繋がる伊織も含めた漫画に対するそれぞれの信条の部分は色々と考えさせられながら読んでました。そして作者も読者も一緒に楽しめる作品作りと言うのはとても良かったな、と。次巻も期待です。2015/12/16

かんけー

20
楪葉に最大のライバル登場!?超人気アイドル東雲夜桜、彼女は楪葉の幼なじみであり親友でも有るのだが..。本当に面白いマンガとは?少年タイムの編集長氷室は少年ラインの編集部迄乗り込んで来て宣戦布告する、夜桜を引き連れて。偶然居合わせた楪葉と伊織は?この作品は何時もガチに漫画論を掲げ登場人物達に問いかける。ラブとコメディそしてハーレム要素も含んでは居るが漫画に対して真摯さが抜きん出ている(*^^*)只、その手法は諸刃の剣で読み手に依って評価は別れるだろう。夜桜と楪葉の対峙する描写、そこに伊織が絡んで物語は2015/11/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10005591
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。