電撃文庫<br> ガールズトーク 祭と夢―GENESISシリーズ境界線上のホライゾン

個数:

電撃文庫
ガールズトーク 祭と夢―GENESISシリーズ境界線上のホライゾン

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月24日 04時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 481p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784048655453
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

大好評の『境界線上のホライゾン』サイドストーリー第2弾!

大好評の『境界線上のホライゾン』、サイドストーリー第2弾が登場!

三河争乱が起こる一年前の聖譜歴1647年。転居手続きのため航空都市艦武蔵を訪れた本多・正純は、ある事情により足止めを受けていた。武蔵の停泊地、三河郊外で殺人事件が起こり、その影響で入艦手続きが凍結されてしまったのだ。首を切られた身元不明のニ体の死体、聖連も介入してくる不可解な事件に正純は巻き込まれていく……。
「あれのおかげで以後、議論が怖くてな」
正純にとってはあまり知られたくないエピソード、"極東の危機"に発展しかけた事件を、またもや梅組の女衆が捏造や勘違いや奇声含みで真相究明? みたいな。

内容説明

三河争乱が起こる一年前の聖譜歴1647年。転居手続きのため航空都市艦武蔵を訪れた本多・正純は、ある事情により足止めを受けていた。武蔵の停泊地、三河郊外で殺人事件が起こり、その影響で入艦手続きが凍結されてしまったのだ。首を切られた身元不明の二体の死体、聖連も介入してくる不可解な事件に正純は巻き込まれていく…。「あれのおかげで以後、議論が怖くてな」正純にとってはあまり知られたくないエピソード、“極東の危機”に発展しかけた事件を、またもや梅組の女衆が捏造や勘違いや奇声含みで真相究明?みたいな。

著者等紹介

川上稔[カワカミミノル]
1975年1月3日生まれ。東京出身(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

32
学園戦国ファンタジーの番外編2冊目。正純が三河から武蔵へ移住する頃の話。前回同様に捏造、介入何でもありな回想録でしたが、今回のはホライゾンがはっちゃけてますねw隙を見つけたら即介入とか武蔵の副王流石やわ。あっちへ行ったり、こっちへ行ったりと結構ややこしかったけど、戦争狂の政治家になる前の正純の姿を見れたので良かった。ロドリゴを始めとしたゲストキャラたちも良い味出していたし、正純が政治家として武蔵に仲間入りするきっかけとなった話を読めたのは嬉しかったです。さとやすさんのイラストも超良かった。2016/03/03

Yobata

25
正純が武蔵に転居をする際、三河ではある殺人事件が起こっていた。その事件は三河,武蔵,そして三征西班牙をも巻き込んだ公式には記されない国際的問題にまで発展し…。ホライゾンサイドストーリー第2弾。2弾は正純の話で、初めて国を相手に交渉戦という政治家をした話。本多正純という襲名に失敗した人物の歴史再現に、その後に直面しなければならなくなり,しかもその選択が世界をも変えるものだったとして、あの正純が「これ以来議論が怖い」が口走ってたけど、確かに大きな話だった。でも大国の襲名者相手に堂々と交渉戦できてた…ように→2015/11/10

まるぼろ

16
今巻は人狼女王の森で合宿中に女衆達が正純が武蔵に来た初日に起きた事件と顛末を前回同様茶化したり捏造したりしつつ回想していく話です。もはやホラ子なんかはかつてのP-01sの面影は微塵もなかったですが…w そんな正純の非公式ながらも初仕事な話ですが、神道と旧派に関する極東に取って一大事にも成りかねなかった問題を上手く切り抜けたな、と言う印象でした。有馬とパウロについてはトーリが言ってた通り「ばかやろう」な所から始まった事件ですが、笑って終われたのは良かったな、と。今後もこの「GT」は続くそうで、楽しみです。2016/03/04

金目

12
セージュンが武蔵に来る際のあれこれ。ノブタンの政治家を目指すな発言を初め、1巻と直結する描写が多く、アニメ視聴者にも優しいかも。歴史再現に絡む国家間交渉デビューって感じだけど、本多正純と禁教令って知ってる人には自然な繋がりなのかな。回想が現在から見た過去記録の確認って位置付けなので、この通りの事実があったかは誰にも分からない、ってのが面白い。ナイトや喜美らこの時期なりの思案があることも描かれ、個人の年表がしっかりしているのも感じる。結末についての"ばかやろう"ってトーリの発言が、らしくていいなぁ2015/12/08

シュエパイ

11
一年と少し前の、まだまだ未熟なみんなの日々。過去がたりに、今のみんなの関係性と主観を重ねて、捏造される政治家の過去美談・・・!(間違ってはいないはずだ) なんかもう、『ホライゾン誕生ぅぅぅ!!!』からのフリーダムさに笑いが止まらなかったり。病院の待ち合い室だったんですが大丈夫かな。まぁいいか。みんなの妥協点に辿り着いて、なんとなくうっくつしたり腑に落ちなかったりする空気を吹き飛ばす打撃祭り!いい締めくくりでした♪あのお二人が、笑って終われたのなら、よかったなぁ。。。2015/11/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10004048

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。